世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年5月18日
1

愛猫を亡くして落ち込んでいたら、隣人の猫が毎日訪ねてくるようになった。もしかしたら慰めに来てくれているのかも



 ローラ・ガッルッツォさんはここしばらくとてもつらい日を過ごしていた。

 彼女は昨年の7月、17年近くも連れ添ってくれた愛猫、エラを腎不全で亡くした。その後はとにかく悲しくて、毎日エラのことを思い出しては、失意の日々を送っていたという。

 だがある日のこと、1匹の猫が家に訪れるようになった。それは生前エラがいつも楽しげに眺めていた隣人の猫、シンバだった。彼女はまるでローサさんを慰めるかのようにその様子を見に来ていたという。

【引っ越し初日であいさつをしてくれた隣人の猫】

 ローラさんは1年前、エラと一緒にこの家に越してきた。

 引っ越した当日、隣人の飼っているシンバが訪ねてきた。猫好きなローラさんは彼の美しい毛並みにみとれながらあいさつしたのを覚えている。

ローラさんの隣人の猫シンバ
[画像を見る]

 だが悲しいことに、エラは旅立ってしまった。いつも一緒でわが子同然だった彼女を失ったローラさんは心が折れそうになっていた。

【エラ亡き後、家に顔を出すようになったシンバ】

 シンバが家によく来るようになったのは、それから数週間後のことだ。

 今までシンバがこんなにしょっちゅう来ることはなかった。もしかしたらエラを失って、悲しみに暮れるローラさんを励まそうとしているのかもしれない。シンバは週2~3回のペースでローラさんの家の庭に滞在するようになったのだ。

[画像を見る]

 「彼は家の庭にある階段でよく遊んでくれるんです。

「愛猫を亡くして落ち込んでいたら、隣人の猫が毎日訪ねてくるようになった。もしかしたら慰めに来てくれているのかも」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    前に飼っていた外猫は優しい人んちのベランダで寛ぐコース作っていたよ。その分、頭にシール貼られて帰ってきたけどw

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!