世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年6月13日
0

「Blu(青)という名前は女の子らしくない」という理由で娘の名前の変更を政府から求められているイタリアの両親



 イタリア、ミラノに住むある夫婦は、娘に"Blu(ブル)"という名前をつけた。ところが最近、もっと女の子にふさわしい名前にするよう裁判所命令が出た。従わないと強制的に名前を変えさせられることになるというのだ。

 イタリアでは2000年に出された大統領令により、"子供につけられる名前はその性に調和するものでなければならない"という。

 イタリア当局は、イタリア語でブルー(青)の意味のあるBluを女の子の名前としてはふさわしくないと考えたらしい。

 18ヶ月のこの女の子の出生証明書とパスポートはすでにこの名前で登録受理されているのに、先週、両親が裁判所に呼び出されて、もっと女の子らしい名前を選ぶよう命令されたのだ。

【娘にブル(青)と名付けた両親へ届いた裁判所の召喚状】

裁判所の召喚状にはこう書かれている。
ブル(Blu)は英語でブルー(Blue)を意味する言葉をベースにした現代的な名前だとしても、女性に名づける名前としては明らかにふさわしいとは思えない。出生証明書は、両親が審問会のときに提出する別の女性名を加えて修正されるべきである
 
「もし、別の名前を考えて木曜日に裁判所に行かなければ、裁判官が勝手に娘の名前を決めてしまうだろう」父親のルカはイタリアの新聞Il Giornoに語った。

【両親はこの名前の正当性を主張】

 ブルの両親は、裁判所で娘の名前の変更について異議を唱え、この名前はすでに有名なビヨンセとジェイ・Zの娘、ブルー・アイビーなど海外での例もあるだけでなく、イタリアにも前例があると主張するつもりだ。

「「Blu(青)という名前は女の子らしくない」という理由で娘の名前の変更を政府から求められているイタリアの両親」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!