世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年6月13日
0

ケンタッキーフライドチキン(KFC)が鶏肉をまったく使わないフライドチキンを開発中



 大手ファストフードチェーンやファミリーレストランが、高まる健康志向を受け、低糖質・高たんぱくの代替食材を導入する傾向にある中、ケンタッキーフライドチキン(KFC)が、この市場に大々的に参戦しようとしている。

 KFCの主力商品はフライドチキンだが、鶏肉の代わりに大豆や小麦、とうもろこしなど穀物100%の原料でつくられた「ベジミート」を使用したフライドチキンを開発しようというのだ。

 ただし味付けは、11のスパイスを独自にブレンドしたカーネルおじさん秘伝のスパイスとなるので、もしかしたらいい感じになるのかもしれない。

【まずはイギリスから。秘伝のスパイスで肉抜きフライドチキン】

 このベジミートフライドチキンの最初の試み対象はまずはイギリスになるという。ロンドンには、野菜をベースにした独自のフライドチキンで有名な、ベジタリアン向けファストフード店Temple of Seitanのような店もある。

 これからの7年間で、イギリスKFCは一食あたりカロリーを20%減らすことを目指し、2020年までに600kcal以下の多彩な商品を導入するつもりだという。

 この試みの手段のひとつとして、代替え野菜と共に、カーネル・サンダースチキンの味つけに使うのと同じ、11のスパイスを独自にブレンドした秘伝スパイスを活用するという。

 KFCは、自分の食習慣を変えたいと思っている新旧の消費者に、おいしさはそのままの肉抜き商品を提供できると期待している。

「ケンタッキーフライドチキン(KFC)が鶏肉をまったく使わないフライドチキンを開発中」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!