世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年7月12日
0

「男性は火星人で女性は金星人」男女の溝を埋めるためのこの提案はある意味合ってる?(米研究)



 人が理解を求めているようなときに、相手から「こうしたらいいよ」などと言われても、物事は上手くいかないことの方が多い。両者ともに腑に落ちぬ思いを抱え、距離が離れるのがオチだ。

 こうしたすれ違いは、ジョン・グレイ博士が『男は火星から、女は金星からやってきた』で書いたことそのままだと思う人もいるかもしれない。グレイ博士は、女性は共感を、男性は解決策を求めると論じていた。

 多くのセラピストが、性差に関する彼の主張には科学的な根拠がないと批判している。しかし最近の研究は、これについて彼の見解が正しいことを証明したかもしれない。

【新婚夫婦を対象にサポートの種類と受け止め方を調査】

 アメリカ・メリーランド大学とワイオミング大学の研究者は、感情的サポート(共感)と情報的サポート(解決に向けての情報提供)との違いを研究した。彼らが注目したのは、ある人が求めていたサポートの種類とその人が受けたサポートの種類だ。

 調査対象となったのは114組の新婚夫婦だ。
 どの夫婦も初婚の男女の夫婦である。

 受けているサポートの種類を確かめるために、感情的サポートは「状況に上手く対応していると思うと伝えた」といった質問、情報的サポートは「現在の状況に関する事実や情報を教えた」という質問で判断した。

[画像を見る]

【感情的サポートは男女ともに好ましい】

 まず目についたのは、感情的サポートを受ける人は、気分がよくなり、関係について満足度が高まることだった。

「「男性は火星人で女性は金星人」男女の溝を埋めるためのこの提案はある意味合ってる?(米研究)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!