世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年7月13日
0

土星探査機カッシーニからの贈り物は宇宙の音。土星とその衛星エンケラドスとの間に流れるプラズマ波をオーディオ化



 土星探査機カッシーニは、20年に及ぶ長い役目を終え、2017年9月15日、土星の大気に突入し燃え尽きていった(関連記事)。

 そのグランドフィナーレで、NASAは最後の記録を行なった。

 カッシーニが集めた豊富な情報のおかげで、NASAの科学者は土星とその衛星エンケラドスとの間でプラズマが作用する様子を捉えることに成功。それは双方の間の磁力線に沿って、まさに電気回路のようにプラズマの波が移動する様子だ。

 このプラズマのデータをオーディオファイルに変換したところ、実に奇妙な「ビュウビュウ」と鳴る音が完成した。 

 土星とエンケラドスの間に流れる宇宙の音を聞いてみよう。

[動画を見る]
※この動画は16分のものを28.5秒に圧縮し、周波数は5分の1に減らしたものだ。
Sounds of Saturn: Hear Radio Emissions of the Planet and Its Moon Enceladus

【カッシーニがとらえた可聴域の電磁波】

 NASAの説明によると、カッシーニはラジオが電磁波を番組に変換するのと同じように、可聴域の電磁波を捉えた。

 米アイオワ大学の惑星科学者アリ・スライマン氏は、「エンケラドスは土星を周回する小さなジェネレーターで、持続的なエネルギー源となっています」と話す。

 「今回、土星が、遠く離れたエンケラドスにつながる磁場線を通じて、プラズマ波のシグナルを放ち反応していることが分かりました」

[画像を見る]

【カッシーニがその役目を終える直前の出来事だった】

 月とは違い、エンケラドスは土星の磁場にどっぷり浸かっており、地質学的にきわめて活発だ。

「土星探査機カッシーニからの贈り物は宇宙の音。土星とその衛星エンケラドスとの間に流れるプラズマ波をオーディオ化」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!