世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年7月23日
0

玄関開けたら5秒ぐらいでピューマ!?帰宅直後、リビングのソファでくつろぐピューマに遭遇して大びっくり(アメリカ)



  今月8日、アメリカ・オレゴン州の学生であるローレン・テイラーさんは深夜に帰宅。リビングルームで、予想だにしない来客と対面することとなる。

 ソファの後ろには、テイラーさんをじっと見つめる黄褐色の目があった。

 ネコ科であることには間違いないのだが、猫ちゃんと呼ぶには大きすぎる。
 その目の持ち主は、野生のピューマだったのである。

【家のドアを閉め忘れてた】

 どうやら誰かがドアを閉め忘れたらしく、庭の噴水で水を飲んでいた大きな猫ちゃんが、好奇心に釣られて忍び込んできたらしかった。

 最初にテイラーさんのハウスメイトが気がつき、悲鳴を上げた。ピューマはそれに驚いて、ソファの後ろに隠れたのである。

[画像を見る]

【野生動物の知識持つテイラーさんの作戦】

 テイラーさんは以前、野生動物の救助隊で働いた経験があり、大猫ちゃんのご機嫌の取り方を知っていた。

 今回のケースは、ピューマにスペースを与えて落ち着かせてから、危害を加えずに立ち去るよううながすべきだと考えた。

 ピューマが伏せたので、テイラーさんは静かに部屋の外に出て、窓の外から観察を続けることにした。

 テイラーさんはその時の様子をフェイスブックに投稿した。
[動画を見る]

【眠ってしまうだとぅ?】

 ところが驚いたことに、ピューマはさっさと眠ってしまったのだ。

[画像を見る]

 「ピューマは怯えて、閉じた窓から出ようとしていたんだけど、機嫌がよくなってからは落ち着きを取り戻したわ」とテイラーさんはフェイスブックに綴っている。

「玄関開けたら5秒ぐらいでピューマ!?帰宅直後、リビングのソファでくつろぐピューマに遭遇して大びっくり(アメリカ)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!