世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年8月12日
0

混雑する空港内で有名ラッパー同士がガチバトル。乱闘騒ぎで飛行機が遅延する事態に(フランス)



 フランスのパリ=オルリー空港で8月1日、ラッパー2人が熱いバトルを繰り広げて大騒ぎとなる事件が発生した。

 熱いバトルといってもMCバトル(ラップバトル)ではない、普通のケンカだ。殴り合いだ。

 しかもラッパー2人がただのラッパーではなくめちゃめちゃ有名なラッパーだったため、余計に事が大きくなった。

 SNS上にはその様子を撮影した動画や写真がたくさん投稿されて、拡散されまくっている状況なんだ。

【免税エリアでラッパー2人が殴り合いの大ゲンカ!】

[動画を見る]
FIGHT BOOBA VS KAARIS

 パリ=オルリー空港の免税エリアで殴り合いの大ゲンカをしたのは、「フランス・ヒップホップ界の2大スター」と呼ばれるブーバ(Booba、41歳)とカーリス(Kaaris、38歳)だ。

 スペイン・バルセロナでのライブに向かおうとしていたようなのだが、免税エリアで蹴ったり殴ったり叫んだりとやりたい放題の大立ち回りを繰り広げた。

 そのせいでターミナルが一時的に閉鎖され、最大30分ほど遅延した飛行機もあったとのことだ。

 また、ブーバのバルセロナでのライブは中止となり、8月下旬にスケジュールが変更となったらしい。

[画像を見る]

【もとは親友だった有名ラッパーたちの間に何が?】

 警察はこの事件に関連して、ラッパーと仲間たちあわせて11人を逮捕したという。

 ケンカの理由は明らかになっていないが、ブーバはカーリスを売り出す際にサポートしたともいわれており、2012年には共同で「Kalash」という楽曲をリリースしている。

「混雑する空港内で有名ラッパー同士がガチバトル。乱闘騒ぎで飛行機が遅延する事態に(フランス)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!