世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年8月20日
0

屋根の上から3日も降りてこないインコを助けようとした消防士。なぜかインコに口汚くののしられる(イギリス)



 8月のある日、ロンドンの消防隊に、ルリコンゴウインコのジェシーの救助要請があった。

 消防隊が出動といっても鳥かごが火事になったわけではない。何のはずみか逃げ出したジェシーが、近くの家の屋根に止まったきり、もう3日も降りてこないというのだ。

 飼い主は英国王立動物虐待防止協会に助けを求めた。ところがジェシーは、協会職員の説得にはまったく耳を貸さなかったというのだ。

 もしかしたらケガをしている可能性も高い。そこで消防隊に出動要請が出され、ジェシーを救助するべく現場に駆け付けた。

 ところが...

【折角助けに来たのに...消防士を口汚くののしるインコ】

 ロンドン郊外、エドモントン。クークーホールレーンの現場に到着した消防隊は、飼い主から情報を聞き取り、さっそくジェシーの救助を開始した。

 ジェシーのいる屋根にハシゴをかけて、隊員が登っていく。ジェシーを怖がらせず、仲良くなるために、飼い主に教えられたとおり、「ジェシー、アイラヴユー」と声をかける。

 ところが...

 確かにジェシーは隊員の呼びかけに対し「アイラヴユー」と返してくれた。だがそれ以上に、使ってはいけない英語のスラング、大量の煽り言葉を浴びせかけてきたのだ。

 例えば "F**K OFF!!"(うせろ!)とか...


 「ジェシーは既に3日も屋根の上におり、ケガをしていて降りてこられないのではないかという懸念がありました」とチームリーダーのクリス・スワロウさん。

「屋根の上から3日も降りてこないインコを助けようとした消防士。なぜかインコに口汚くののしられる(イギリス)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!