世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年9月12日
0

トルコの湖底に眠る古代教会遺跡。その下には秘密の異教徒の神殿が?



 トルコのイズニック湖に沈む古代教会。このキリスト教会遺跡は、紀元390年ごろに建設されたものと考えられている。

 2014年、ブルサ・ウルダー大学考古学部長のムスターファ・シャヒンは、政府の測量技師に航空写真を見せられ、古代遺跡が湖の底に眠っていることを発見した。

 以来ずっとイズニック湖で研究を続けている。

 その研究によると、教会の下に異教徒の神殿が隠されているかもしれないという。

【紀元390年頃、湖に沈んだ教会】

 「初めて湖の写真を見たとき、教会の構造物がくっきり見えてとても驚いた」シャヒンは語った。

 「2006年からずっとイズニック湖を調査してきたけれど、こんな見事な建築物は発見できなかった」

[動画を見る]
Ruins of a 3000 year old Armenian castle found in Lake Van – Turkey

 イズニック湖はイスタンブールから車で2時間、トルコの西の先端にある。古代教会遺跡は、このイズニック湖の岸辺から50メートル、水深3メートルのところに沈んでいる。

 考古学者たちは、これはバシリカとして知られるローマ様式の教会建物で、イズニックがニカイア、イスタンブールがローマ帝国の東の中心コンスタンチノープルとして知られていた紀元390年ごろに、湖畔に建造されたものと考えられている。
[画像を見る]

【教会の下に異教徒の神殿が?】

 この教会はその下にもうひとつの宝も隠しているかもしれないという。

「トルコの湖底に眠る古代教会遺跡。その下には秘密の異教徒の神殿が?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!