世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年11月17日
0

ローマ法王、寄贈されたランボルギーニの新車を慈善競売へ

[バチカン市 15日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは15日、イタリアの高級車メーカー「ランボルギーニ」から、白いボディに黄色のラインが入った新車を寄贈された。法王は車に自らのサインを書き、チャリティー・オークションにかける計画。
寄贈された「ウラカン」は、通常20万ドル(約2260万円)以上で販売されている。
サザビーズのオークションに出品予定で、収益は、過激派組織「イスラム国(IS)」に破壊されたニネベ平原のキリスト教徒の住宅再建プロジェクトや、人身売買の被害女性たちへの支援、中央アフリカでの医療サービスのために寄付するという。
白と黄色はバチカンの国旗の色。
*見出しの脱字を補いました。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!