世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年8月20日
1

パレスチナ自治区へ8年ぶりに郵便物、イスラエルが10トン差し止め

[エリコ(ヨルダン川西岸) 19日 ロイター] - パレスチナ自治区のヨルダン川西岸へ、イスラエル当局が差し止めていた10.5トンの郵便物が8年ぶりに配送されることになった。隣国のヨルダンから届いていたもので、同自治区の街エリコでは職員が数千通の仕分けに追われている。
パレスチナ自治政府によると、イスラエルは2010年以降、ヨルダン川西岸地区への直接配送を許可していなかった。
自治区のヨルダン川西岸地区とガザ地区では国境がイスラエルの管理下にあり、郵便物はまずイスラエルを通過し、セキュリティーチェックを受けている。
イスラエル当局は、国際郵便を西岸地区へ直接配達することが決まった2016年の合意を実行するための一時的な措置だと説明した。
エリコの配送施設では、仕分け待ちの郵便物のほか、送られた車いすやおもちゃなどが山積みになっている。一部の郵便物は封筒や小包が破損して中身が出ていたり、宛先が不明瞭だったりして、配送が困難だという。
郵便サービスの担当者は「おもちゃは、おそらく子供が1歳くらいの時に送られたものだが、もう8歳になっているだろう」と話した。

「パレスチナ自治区へ8年ぶりに郵便物、イスラエルが10トン差し止め」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    テロリスト国家のイスラエル

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!