世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年10月1日
1

英ジムでブレグジットの不満発散、パンチバッグに首相らの顔写真

[ロンドン 28日 ロイター] - ロンドンのフィットネスクラブ「ジムボックス」が、欧州連合からの離脱(ブレグジット)を巡る市民の不満発散のためのクラスを提供し、人気を呼んでいる。
このコースは、ロンドンに住む上での不満を利用者にアンケート調査した結果、52%がブレグジットと答えたことから開発。各30分のプログラムには、ブレグジットの立役者とされるボリス・ジョンソン前外相やユンケル欧州委員長などの写真入りパンチバッグを殴りまくる運動などが盛り込まれている。
このほか、テレサ・メイ首相やコービン野党労働党党首などの写真にボールを投げつけるコースがあるほか、施設内には「キャメロン(前首相)コーナー」と名づけた小休止コーナーが設けられている。
ジムボックスのインストラクターは、このプログラムは怒り抑制専門家の協力を得て企画したと説明。「利用者は気分が軽くなってクラスを後にしている」と述べた。
25歳のフィットネスコーチは、「(ジョンソン氏の)顔を本当に殴ってはいけないが、パンチバッグを叩くのなら問題ない。不満の発散には絶好の方法だ」と話した。

「英ジムでブレグジットの不満発散、パンチバッグに首相らの顔写真」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    フィットネスコーチは、「(ジョンソン氏の)顔を本当に殴ってはいけないが、パンチバッグを叩くのなら問題ない。不満の発散には絶好の方法だ」

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!