世界中の仰天ニュースをお届け!

2014年4月26日
0

お爺さんになると"人格が豹変"する!? 危険な「男の70歳」!!

「俺の庭から今すぐ出て行け!!」――映画『グラン・トリノ』でクリント・イーストウッド演じる老人がライフルを構えながらキレるシーンである...。これに触発されて周りを見渡してみれば、以前から身内を含めて頑固なおじいさんが多いなあと常々感じていた。が、それは決してわが身の周りだけのことではないらしい。

 それまで紳士であった男たちが突然キレ出すようになって周囲を驚かせるケースは決して少なくないが、それが起こるのは70歳前後であるという研究結果を15日付の「The Daily Mail」オンライン版が伝えている。男性にとって70歳は非常に危険なターニングポイントのようだ。


■ほぼ全ての男性が70歳以降の生活をを危惧

 アメリカでは心理学者たちによって1989年から2004年の15年に渡り1000人を超える53歳~85歳の男性を対象に人生の幸福度に関するインタビューが行われた。それによると幸福度のピークは50歳前後を挙げる割合が最も多いのだが、70歳以降では老いるに従い毎日が退屈になり気分が高揚することも少なくなり、人生の幸福度(満足度)が急激に減少したと感じていることが明らかとなった。

 80%の男性は50歳の時点で「人生は最高だ」と考え、20%は「退職後に幸せになる」と考えている。その一方で、共通して「70歳以降の人生は不幸になる」と危惧(もしくは現に経験)しているのである。

 研究を続けているオレゴン州立大学のアルドゥィン教授は、この結果には多岐に渡る理由があると語る。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!