世界中の仰天ニュースをお届け!

2014年6月30日
0

伝説の井筒監督作品 ― 猛抗議で"必然的に"封印された「猫肉ハンバーガー」映画!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

【映画 『ガキ帝国 悪たれ戦争』】

 1981年、村川透監督の『獣たちの熱い眠り』の公開を控えていた東映は、観客動員を不安視したため、急遽併映作品を付けることにした。白羽の矢が立ったのは、今やナインティナイン初主演映画『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』(96年)や、沢尻エリカ主演『パッチギ』(05年)などでお馴染みの井筒和幸監督。何と言っても彼の知名度を上げたのは、自腹を切って公開中の映画を鑑賞した監督が辛口の感想をぶちまける、テレ朝の深夜番組『虎ノ門』(01~08年)内でのコーナー「こちトラ自腹じゃ!」だろう。

 さて、東映が依頼した1981年当時の井筒といえば、同年7月に公開された『ガキ帝国』(ATG)で、60年代の大阪の不良達(豪田遊、島田紳助、松本竜介ほか)を生き生きと描き、日本映画監督協会新人奨励賞を受賞する売り出し中の監督だった。そんな彼が応えた作品は、出世作の続編となる『ガキ帝国 悪たれ戦争』。しかしこの作品の上映は期間途中で打ち切られ、その後ソフト化も一切されず現在に至っているのだ。

 内容はと言うと、前作をより過激にしたものとなっている。イタズラとケンカに明け暮れる日々を送る大阪のヤンチャ高校生・良一(豪田遊)と辰則(北野誠)。2人は辰則の兄(名脇役の鶴田忍)が店長を務める某Mバーガーでバイトしていた。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!