世界中の仰天ニュースをお届け!

2014年8月7日
0

「ヘルプミー、オビワン!」 ホログラムによる映像メッセージが現実に?

 ホログラムと聞いて何を思い浮かべますか? おそらくホログラムのパフォーマンスが今世界中で話題になっている「マイケル・ジャクソン」や「2パック(Tupac)」と答える人が多数派で、日本国内では「初音ミク」という人が多いのではないかと思います。

 初音ミクのライブコンサート映像は「YouTube」にも多数上がっていますが、二次元的な映像(見る角度が限定される)とはいえ、その完成度の高さに感心した人も多いのではないでしょうか。もっとも、会場を埋め尽くす観衆がCGプロジェクションに向かって、合いの手を入れながら光る棒を振っている異様な光景に衝撃を受けることの方が先だったかもしれません。日本で出生率が低下する理由もうなずけます。

【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/08/post_4570.html】


■マルチアングルのホログラム映像技術が誕生

 話がそれました。ホログラム/ホログラフィーの定義について調べてみると、『光の干渉性を使って、物体の3次元的像を得るための原理』(知恵蔵2014)とあり、像を立体的に見せることができれば、その視野角は問題にならないようです。しかし、ホログラムという未来的な概念に一般人がつい期待してしまうのは、目の前に「立体として」浮き上がる映像であって、そこに実際に人や物があるように、映像の周りを360°ぐるっと回りこめるようなものです。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!