世界中の仰天ニュースをお届け!

2015年11月3日
5

衝撃取材! 桶川ストーカー殺人:黙殺された「新証言」と冤罪を訴える「主犯格」の手紙。近い将来、大逆転劇か?

 10月26日で発生から16年を迎えた桶川ストーカー殺人事件。ストーカー規制法が制定されるきっかけにもなった有名な事件だが、「主犯格」小松武史の裁判で実行犯の男が検察の筋書きを覆す「新証言」をしていた事実はあまり知られていない。武史から筆者のもとに届いた手紙には、そのことに関する意外な「真相」が綴られていた――。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/11/post_7731.html】

■検察の筋書きを覆した実行犯

 埼玉県桶川市の女子大生・猪野詩織さん(事件当時21)が、JR桶川駅前の路上で刺殺されたのは1999年10月26日の午後1時前のこと。猪野さんは事件前、元交際相手・小松和人(同27、かずひと)の配下の男たちから自宅周辺に中傷するビラを大量に張り出されるなど凄絶な嫌がらせをうけていた。

 埼玉県警は2カ月後、和人が営む風俗店の店長だった久保田祥史(同34)を殺人の容疑で逮捕。さらに県警は翌日、和人の営む風俗店で現場を統括していた実兄の小松武史(同33)や、殺害の現場に同行した風俗店従業員の男、ふたりも共犯者として逮捕した。

「武史が和人の意向をうけ、久保田らに猪野さんの殺害を依頼した」。それが久保田の自白や事件前の状況に基づき、県警が描いた事件の筋書きだった。ところが――。

 波乱は2002年2月12日、さいたま地裁であった小松武史の第52回公判で起きた。

「衝撃取材! 桶川ストーカー殺人:黙殺された「新証言」と冤罪を訴える「主犯格」の手紙。近い将来、大逆転劇か?」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    被害者や遺族の方に対しての謝罪は一切なし。 どう捉えたって自分達の事しか考えてない。人を殺めたことに変わりはないでしょうに。今更何?しっかり罪を償う事だけを考えたら。

    24
  • かかかっかー 通報

    いずれにせよ人間のクズである事に変わりはない。死ぬまで出てくるな!

    20
  • 匿名さん 通報

    何を今更。よくもまぁ人の人生を狂わせおいて真実は違うとか言えますね。ここにきてまた遺族を苦しめて何が楽しいんですか?悪魔に取り憑かれてるとしか思えません。

    16
  • 匿名さん 通報

    いまさらになってまだ何を言うんだろう。 二度と出てこないでほしい。

    13
  • 匿名さん 通報

    桐敏男 古田裕一 本多剛 西村浩司 茂木邦英 横内泉 渡部兼光 山田効 ← こいつら人殺し警官たちが真犯人

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!