世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月9日
0

「イギリスで最も呪われた家」がただ今売出し中!! リアル・シャイニングが体験可能!?

ヴァネッサさんが妊娠8カ月のとき、いきなり背後から突き飛ばされ転倒してしまったのだ。彼女は、あまりのショックに口も聞けない状態だったという。不幸中の幸いは、このときお腹にいたジェシー君に怪我はなく、現在は8歳になっていることだ。

 これまでに霊媒師、霊能力者、ゴーストバスターと、あらゆる力に頼ってみたものの、一向に効き目がなく諦めムードが流れていた。だが、とうとう決定的な事件が起きてしまった。なんと、家の防犯カメラにバフォメット(ヤギの頭を持った悪魔)が映りこんだのだ!

 長い間、邪悪なものの気配を感じながらも、親子二人で暮らしてきたヴァネッサさんだったが「もう限界です。ジェシーが使っていたベッドに、背が高く黒ずんだ姿が立ちはだかったんですから」と、家を手放す決心をしたという。

 現在、ヴァネッサさんは少し離れた場所に住み、防犯カメラでコテージの中を監視している。「最近は全くあの家に行っていません。行くときは必ず誰かと一緒です。でも、室内には絶対に足を踏み入れないようにしてます。あの家に何が住んでいようが、“奴ら”は私を嗅ぎつけるんですよ」(ヴァネッサさん)

 いわくつきの不動産だが、おそらく好事家は欲しがるかもしれない。悪魔憑きのコテージが高いのか安いのか、相場的には不明だが。
(文=佐藤Kay)

※イメージ画像:「Thinkstock」より
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!