世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年12月28日
0

人類は宇宙人の奴隷として創造された! オクスフォード大教授「シュメール文明を調るほど古代宇宙飛行士説にたどり着く」

 人類は古代宇宙人により創造されたという「古代宇宙飛行士説」がオカルト分野のみならず各方面から新たに注目を集めている。この説が提唱された当初はトンデモ論と異端扱いされていたが、現在では『古代宇宙飛行士説で古代文明の謎がすべて解明される』と、この説を支持する学者も多いという。

 オルタナティブ系情報サイト「EWAO」に驚愕の真相を語った英国オックスフォード大学の教授もその1人だ。世界神話学を専攻している教授は「シュメール文明を調べれば調べるほど『古代宇宙飛行士説』にたどり着く」と語っており、特にシュメール神話に登場する“アヌンナキ”こそが人類創造に深く関わっていると主張しているのだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11854.html】

■人類は宇宙人アヌンナキにより創造された?

 シュメール文明とは紀元前3800年頃、イラク南部のユーフラテス河地域に栄えた人類最古の文明である。この文明を築いたシュメールの人々は突然現れ、現代文明に匹敵する高度な技術を用いて瞬く間に都市社会を構成してしまう。あっという間に現れたこの文明は世界中の考古学者らが八方手を尽くしても出自と行方が謎であり、そのこともまたシュメール文明自体がオーパーツだと言われる所以になっている。

 オックスフォード大学の教授が「古代宇宙飛行士説」の鍵を握っている、と注目したのは、そんな謎多き彼らが残した粘土板「シュメール文書」である。

「人類は宇宙人の奴隷として創造された! オクスフォード大教授「シュメール文明を調るほど古代宇宙飛行士説にたどり着く」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!