世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年5月18日
0

【衝撃動画】惑星「ニビル」が続々出現、地球滅亡も近い!? 太陽に寄り添う超巨大オーブめぐり議論紛糾

 太陽のすぐ隣に、青く輝く天体が――。謎の巨大オーブをとらえたショッキングな動画が話題になっている。ひょっとすると噂の惑星“ニビル”なのか。


■太陽の横で青白く輝く“地球サイズの惑星”

 今年3月14日、現地時間午前9時20分、米・テキサス州クリーブランド某所、乗用車で移動中のリッキー・バートレット氏が車の中から撮影した動画が注目を浴びている。快晴の空に燦々と輝く太陽のすぐ横に、青白い天体が寄り添っていたのだ。

 バートレット氏が撮影したこの動画を、惑星研究家でYouTuberであるディル・マーチン氏がアップロードしたところ、多くの視聴者を集める事態となった。

【その他の画像・動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13210.html】

 動画を投稿したディル・マーチン氏は、太陽の隣に浮かぶこの天体は、NASAが昨年発表した7つの“地球サイズの惑星”のうちの1つであると主張している。また、マーチン氏はこのほかにもカナダ、イタリア、スロバキア、メキシコ、ブラジルで撮影された“地球サイズの太陽系外惑星”の動画を同YouTubeチャンネルで公開し、動画を閲覧したユーザーからの驚きの言葉がコメント欄に寄せられている。

 そして英タブロイド紙「Express」オンライン版では、この惑星があの“ニビル”、またの名を“プラネットX”である可能性を指摘している。こうしてニビルが肉眼で目撃できるということは、地球への接近も近いということなのだろうか……。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!