世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年6月1日
0

人間の知能を決める遺伝子が52個発見される! 遺伝的に「賢い」人間に見られる3つの特徴とは!?(最新研究)

 人間の賢さを決める遺伝子が発見されたという研究論文が大きな話題となっている。論文によれば、「賢い」遺伝子を持つ人々には、いくつかの特徴が見られるという。英紙「Daily Mail」など多くのメディアが驚きをもって報じている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/06/post_13327.html】


■52個の知能遺伝子

 研究を発表したのはアメリカとヨーロッパの合同研究チームで、論文は今月22日に学術誌「Nature Genetics」に掲載された。チームはアメリカ・ヨーロッパで集められた78,308人の遺伝子プロファイルとIQテストの結果を比較し、大規模解析によって知能に関係する遺伝子や遺伝子変異を探索した。結果、52個の重要な遺伝子が見つかり、このうち40個の遺伝子は今回新たに発見されたものであった。

 研究によると「賢い」遺伝子を持つ人々には高学歴、高身長、非喫煙者という特徴が見られた一方、アルツハイマー病や抑うつ状態、統合失調症、肥満である可能性は低かったそうだ。また興味深いことに、「賢い」遺伝子と自閉スペクトラム症との関連がみられたという。


■賢さと自閉スペクトラム症

「一般に知能が高い人が集っているはずの某国立大学にも、かなりの肥満や精神科通院中の学生や研究者、教授なんかが大勢いたけどね……という感想はさておき、自閉スペクトラム症との関連は面白いですね」

 こう感想を述べたのは、生物学に詳しい理学博士X氏だ。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!