世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年9月22日
3

【最終通達】9月23日の地球滅亡に向けて新たな発言続出! 専門家「今すぐ引っ越せば生き残れる」「ポールシフトが起きて…」

 あとわずかに迫った9月23日は聖書研究家のデイヴィッド・ミード氏が断言するこの世界の“終わりのはじまり”だ。その日までのカウントダウンが始まる中、各方面からさらに不気味で絶望的な発言が飛び出しているようだ。

■地球の地軸がズレている!?

 NASA・ジェット推進研究所の研究員、スレンドラ・アディカリ氏らが昨年に発表した研究では、2000年頃から地球の地軸(自転極)は東へ向かって1年で7インチ(約17.5センチ)ほど移動していることが報告されている。わかりやすく言えば、北極点が1年で18センチほどイギリスへ向けてズレているのだ。仮に2000年からとすれば、北極点がすでに3メートルほど移動していることになる。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/09/post_14546.html】

 聖書研究家のデイヴィッド・ミード氏はこの件に関し、今後地軸のズレ幅はますます大きくなると警告を発している。

「現在進行中のいくつかの地球の変化は、地球の自転のブレを増加させています。そしてこれはポールシフトが近いことを示しています」(デイヴィッド・ミード氏)

 そしてこの地球の地軸のズレと自転のブレは、ニビルが地球に接近してきているからにほかならないという。そしてこの自転のブレが、相次ぐ大型ハリケーンの発生やメキシコ沖の地震などに関係しているという。ということは、今後ますます激甚災害の発生が続くということだろうか。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    最終通達とは大きくでたなぁ。 23日って今日だぞ。わくわくkするな。

    0
  • 匿名さん 通報

    tokanaの編集部が渋谷にある。ということは渋谷は安全ってこと。

    0
  • 匿名さん 通報

    >そしてミード氏自身、10月初旬から具体的な地名は明らかにしていないものの、標高の高い場所に引っ越すということだ。   ←  9月23日に間に合わないやん

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!