世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年10月23日
0

スマパンのビリー・コーガンがラジオで衝撃暴露「人が何かに変わるのを見た!」 シェイプシフト中の爬虫類型宇宙人“レプティリアン”の存在を暴露か!

 米オルタナティブバンド「スマッシング・パンプキンズ」のフロントマン、ビリー・コーガンが、人間が別の生命体に変身する様子を目撃したことがあると暴露し、大きな話題となっている。

 海外オルタナティブニュースによると、米ラジオ番組「ハワード・スターン・ショー」に出演したコーガン氏は、陰謀論に肩入れするつもりはないと前置きしつつ、自身が見た不思議な光景を語り始めたという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/10/post_14847.html】

 なんと、人間が別の何かにトランスフォームする姿を見たというのだ! さらに、ラジオホストのハワード・スターン氏が興味深そうに、「それは人間ではないものに変身したのか?」と尋ねたところ、コーガン氏はYESと答えたという。しかし、尋常ならざることを語っているという羞恥心のためか、詳細は語らなかったそうだ。

 もう1人のラジオホストであるロビン・キバーズ氏は、当時コーガン氏がドラッグでハイになっていただけではないかと疑惑の目を向けたが、コーガン氏は完全にシラフだったと強調した。一体、コーガン氏が見たものは何だったのだろうか?

 姿を自由自在に変える「シェイプシフター」として有名なのは、ヒト型爬虫類であるレプティリアンだが、他にも様々な宇宙人が人間に姿を変え、地球で生活しているという話もある。

 以前トカナでもお伝えしように「ウミタ」と呼ばれる宇宙人も人間に姿を変え、1950年代から地球で活動を続けていると言われており、レプティリアンとして知られるエリザベス女王はときおり本当の姿をメディアに曝け出してしまっている。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!