世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年6月15日
0

「エイリアンこそ神の正体である」米人気司会者が決死の暴露! 人類史を完全刷新する“古代宇宙飛行士説”に世界的注目と期待高まる

「神とは誤解されたエイリアンだ」――。有名なテレビ司会者の発言が波紋を呼んでいる。


■「古代の人々がエイリアンを“神”と誤解」

 米・ヒストリーチャンネルの人気番組『古代の宇宙人(Ancient Aliens)』の司会者であるジャーナリストのジョルジョ・ツォカロス氏。過去、トカナは彼に複数回インタビューを敢行し、地球と人類の謎にまつわる驚くべき真実を聞き出すことに成功している。そんな彼が、今度は6月2日にカリフォルニア州インディアンウェルズで開催されたUFOワークショップ「Contact in The Desert」の講演会に登壇。UFOファンを前にして興味深い発言を行っていたようだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/06/post_17151_entry.html】

 我々人類の文明は古代の地球に飛来したエイリアンによってもたらされたものだとする「古代宇宙飛行士説」の支持者であるツォカロス氏は講演の中で、現在の数々の宗教は古代の人々が地球にやって来たエイリアンを“神”だと誤解したことによって始まったと主張している。その存在を誤って伝えたことのみならず、その技術を“魔術”であると解釈して後世に正しく伝承することができなかったのだという。伝承に失敗した技術とは、例えば古代エジプト文明のピラミッド建造技術などだ。

「今日の私たちが行き詰っているのは、誤解された技術のためです。

「「エイリアンこそ神の正体である」米人気司会者が決死の暴露! 人類史を完全刷新する“古代宇宙飛行士説”に世界的注目と期待高まる」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!