世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年6月15日
0

【衝撃映像】「魚とイルカのハーフ生物」が打ち上げられる! 理学博士も困惑、妖怪「アマビエ」の可能性も!?=中国

 中国の釣り人がアップした奇妙な魚の動画が話題となっている。胴体は普通の魚だが、その頭部はまるでイルカかインコ、あるいはペンギンにも似ているという。6月12日付の英紙「Daily Mail」が報じている。

■イルカ? インコ? 奇妙すぎる魚

 謎の魚は中国南西部貴州省の川で釣り上げられた。釣り人はその奇妙な姿に驚き、スマートフォンで動画を撮影。ネットにアップしたところ、たちまち大きな話題となり、正体をめぐり議論を呼んだという。では早速、問題の動画を見てみよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/06/post_17187_entry.html】

 コンクリートの床に置かれているのは30~40cmほどの大きさの魚だ。胸ビレから尾ビレまでは何の変哲も無い魚だが、その頭部が明らかに異様な形をしている。通常ならまっすぐ前方を向いているはずの口が90度曲がって腹側を向いており、黒い前頭部が大きく張り出し、中央ではギョロッとした黒い目玉が空を睨んでいる。口が時折パクパクと動いており、まだ生きていることがうかがわれる。

 SNSでは「イルカに似ている」「まるでインコだ」とコメントがついている。確かにその頭部は魚というよりイルカや鳥に似ており、「コイとイルカのハーフだ」という意見にも何となく同意したくなるほど奇妙な見た目だ。汚染物質や放射能で奇形を起こしたのではないかという意見も出ている模様。

「【衝撃映像】「魚とイルカのハーフ生物」が打ち上げられる! 理学博士も困惑、妖怪「アマビエ」の可能性も!?=中国」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!