世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年6月15日
0

130年間未解決の「ビール暗号」がヤバイ! 解読すれば70億円、挑戦者は皆破産…あなたは解けるか?

 130年以上未解決の暗号文「ビール暗号」。そこには膨大な金銀財宝の在処が記されているというが、暗号のプロでも読み解くことができない史上最大級の暗号ミステリーとして知られている。

 暗号の作成者は、トーマス・ジェファーソン・ビールと呼ばれる男。米ヴァージニア州某所に6500万ドル相当の財宝を埋めたとされる。今日「ビール暗号」として知られている3枚の暗号文は、1922年にビールが宿泊した宿屋の主人ロバート・モリスに預けたもので、ビールはモリスに暗号文が入った金庫を10年間保管した後、誰もその金庫を取りに現れる者がいなければ、錠前を破壊して中を見るように依頼していた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/06/post_17203_entry.html】

 そして、モリスは1845年に金庫を破壊し、3枚の暗号文と1枚のモリス宛の手紙を発見する。手紙にはビールがモリスに暗号文を託した経緯が書かれていた。現在の米ニューメキシコ州・サンタフェでバッファロー狩りをしていたビールとその友人らは、地面に埋もれた大量の金と銀を発見。その所在と分け前を暗号化した文書を信頼の置けるモリスに預けたというのだ。3枚の暗号文は、それぞれ財宝の隠し場所、財宝の内容、財宝を受け取る人々のリストだった。

 それ以来、モリスは暗号の解読に取り組むが、20年経っても1枚も解読することができなかった。

「130年間未解決の「ビール暗号」がヤバイ! 解読すれば70億円、挑戦者は皆破産…あなたは解けるか?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!