世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年7月12日
1

「宇宙は解離性同一性障害(多重人格)で、我々はその人格の1つ」研究者が発表! 宇宙意識と人間の関係が判明!

 意識を巡る論争は後を絶たない。一体、意識はなにもので、どこから来たのだろうか? この度、そんな“難問”を解決するかもしれない驚愕の新説が提唱されている。なんと、宇宙は多重人格かもしれないというのだ!


■意識という難問

 意識高い系ウェブサイト「Big Think」(6月27日付)によると、意識を説明するこれまでの有力な学説は2つあるが、どちらも問題を抱えているという。

 その1つである「物理主義」では、全ては物質であり、意識も物質から生じると考える。しかし、この説では人々が主観的に経験する“現象的経験”を説明することができない。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/07/post_17484_entry.html】

 対立候補である「実体二元論」は、世界には物質的実体と非物質的実体があると想定することで、物質主義が抱える問題を回避している。しかし、なぜ全く異なる実体であるはずの物質と非物質的なもの(心)が相互に働きかけ合うことができるのか説明することができない。たとえば、手を動かそうという非物質的な意志が、物質である“手”を動かすことをこの学説では説明することができない。


■汎心論の問題点

 AIの専門家ベルナルド・カストラップ博士が意識の問題を解決する上で依拠するのは、物理主義でも実体二元論でもなく、“構築的汎心論”である。これは物質主義とは反対に、最小の原子も含めた全宇宙にあるものは意識を持ち、現象的経験をしているという考えである。

「「宇宙は解離性同一性障害(多重人格)で、我々はその人格の1つ」研究者が発表! 宇宙意識と人間の関係が判明!」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    多重は知らんが二重はけっこういる。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!