世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年8月11日
0

【緊急警告】8月11日のスーパームーン&部分日食の前後に大地震発生!? 過去データで判明、18日までは厳重警戒!

 8月11日は、月が地球に最接近する「スーパームーン」となる。筆者が何度も警告してきた通り、大地震の発生に警戒すべきタイミングだ。6月14日に新月とスーパームーンが重なった時は、その4日後に大阪北部地震(M6.1)が発生し、大きな被害が出た。今回のスーパームーンは部分日食と重なる非常に珍しいタイミングであることから、11日前後は特別に注意しなければならない。


■スーパームーン前後に大地震が起きまくっている!

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/08/post_17822_entry.html】

 本来「スーパームーン」とは天文学用語ではなく占星術用語であり、その定義も一様ではないが、一般的には月の地心距離(地球の中心から月の中心までの距離)が36万キロ未満になる現象のことを指す。この基準に照らし合わせると、今年はスーパームーンが5回もある珍しい年で、8月11日が今年最後となる。では2018年、すでに観測された4度のスーパームーンの前後に、世界各地でどのような地震が起きていたのか、以下にまとめてみよう(M6.0以上または最大震度4以上)。

◎1月2日:満月
1月6日:千葉県北西部 M4.8、最大震度4

◎1月31日:満月・皆既月食
1月29日:アフリカ南沖 M6.6
1月31日:アフガニスタン M6.1
2月1日:ウォリス・フツナ沖(南太平洋) M6.0
2月6日:台湾・花蓮 M6.1

◎6月14日:新月
6月18日:大阪北部地震 M6.1、最大震度6弱

◎7月13日:新月・部分日食
7月13日:バヌアツ諸島 M6.4
7月15日:イエメン M6.0

 このように、スーパームーンの前後(とりわけ数日後まで)の期間に、M6規模以上の大地震が起きているのだ。

「【緊急警告】8月11日のスーパームーン&部分日食の前後に大地震発生!? 過去データで判明、18日までは厳重警戒!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!