世界中の仰天ニュースをお届け!

2018年9月13日
0

魚は犬猫より頭が良い!? 熱帯魚が鏡を使った自己認知テストに合格、科学界に衝撃広がる(最新研究)

 観賞魚に分類される美しい魚たちがいるが、彼らは自分の美しさを知っているのだろうか? 最新の研究では、魚が鏡に映る自分の姿を自分と認識しているのかどうかが検証されている。


■鏡に映った自分がわかる「鏡像自己認知テスト」とは?

 動物に鏡を見せるとどうなるのか? 例えばチンパンジーなどの場合は、鏡に映った自分の姿を見て最初は脅威を感じて怯えたり威嚇したりするという。しかし、次第に鏡を興味深く眺めるようになり、まさに人間が身だしなみを整えているかのように鏡に映った自分の姿を見ながら身づくろいをするようになるという。チンパンジーの行動の変化は、鏡の中の生き物が自分であると認識した証しであると考えられている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/09/post_18071_entry.html】

 動物に鏡を見せるこうした実験は、別名“ミラーテスト”とも呼ばれる鏡像自己認知テスト(mirror self-recognition test、MSR)で、1970年代からさまざまな動物を対象に検証が行われている。これまでに“鏡像”が自分であると理解できる動物にはチンパンジーのほかにもボノボ、オランウータン、生後18カ月前後の人間、バンドウイルカ、シャチ、オニイトマキエイ(マンタ)、アジアゾウ、鳥類のカササギなどである。

 そして大阪市立大学の研究チームが注目したのは。別名“掃除魚”とも呼ばれるきわめて良好な視力をもったホンソメワケベラという小さく美しい熱帯魚である。

「魚は犬猫より頭が良い!? 熱帯魚が鏡を使った自己認知テストに合格、科学界に衝撃広がる(最新研究)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!