政治 記事一覧

2018年7月17日

<参院6増>18日成立へ 与党、本会議も強行へ 毎日新聞社 (21時33分)

衆院政治倫理・公選法改正特別委員会(倫選特)は17日、自民党などが提出した参院議員定数を6増する公職選挙法改正案を自民、公明両党の賛成多数で可決した。同改正案は11日に参院を通過しており、与党は18日...

<カジノ法案>19日にも採決 借金限度額など決めないまま 毎日新聞社 (21時25分)

参院内閣委員会の柘植芳文委員長(自民)は17日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の審議を行った後の理事会で、同法案採決のための委員会を18日に開くことを職権で決定した。これに対し国民民主、立...

日EU首脳、EPAに署名=保護主義に対抗表明 時事通信社 (20時27分)

安倍晋三首相は17日、欧州連合(EU)のトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長と首相官邸で会談し、日EUの経済連携協定(EPA)に署名した。首相は会談で「歴史的な成果だ。世界で保護主義の動きが広まる中、日...

総裁選対応、岸田会長に一任=災害対応を優先 時事通信社 (20時06分)

自民党岸田派は17日、東京都内で臨時総会を開き、同派会長の岸田文雄政調会長が9月の党総裁選に立候補するかどうかの判断について、岸田氏に一任することを決めた。3選をうかがう安倍晋三首相が西日本豪雨への対...

<政治資金収支報告書過少記載>古屋圭司議員が報道を否定 毎日新聞社 (20時06分)

自民党の古屋圭司衆院議院運営委員長の資金管理団体が、政治資金収支報告書に、政治資金パーティーの収入を過少に記載した疑いがあると17日の朝日新聞が報道した。古屋氏は同日、国会内で取材に「報告書と入金の状...

党首討論の時間延長を=野党に予算委員長ポスト―立憲改革提言 時事通信社 (19時43分)

立憲民主党は17日の常任幹事会で、国会改革に関する提言を決定した。財務省による文書改ざんや防衛省の日報問題を受け、国会の行政監視機能を強化することが狙いで、党首討論の時間延長や衆参両院の予算委員長ポス...

9月29、30日に党大会=立憲 時事通信社 (19時37分)

立憲民主党は17日の常任幹事会で、昨年の結党後初の党大会を9月29、30両日に東京都内で開くことを決めた。来年の統一地方選や参院選に向けた基本方針などを決定する。党大会は「立憲フェス」と銘打って開催す...

6増案採決棄権へ=自民・船田氏 時事通信社 (19時11分)

自民党の船田元・衆院議員総会長は17日、参院定数を6増やす同党提出の公職選挙法改正案の衆院本会議採決を棄権する意向を明らかにした。取材に答えた。事実上の造反とみられる。船田氏は「これまでの選挙制度改革...

与党、参院6増案18日成立の構え=衆院特別委で可決 時事通信社 (19時04分)

参院選挙制度改革をめぐり、定数を6増やす自民党提出の公職選挙法改正案(参院先議)は17日、衆院政治倫理確立・公選法改正特別委員会で自民、公明両党の賛成多数で可決された。22日に会期末を控え、与党は18...

<麻生太郎氏>「赤坂自民亭」を擁護 二階氏も問題なし 毎日新聞社 (18時48分)

大雨の予報が出ていた5日夜に自民党議員数十人が参加した飲み会「赤坂自民亭」への批判が続くことに関し、麻生太郎副総理兼財務相と二階俊博幹事長が17日、問題はなかったとの見方を示した。麻生氏は記者会見で「...

日EU、データ移転で最終合意=個人情報保護強化受け 時事通信社 (18時40分)

政府は17日、欧州連合(EU)と協議していた日EU間のクレジットカードなど個人データの相互移転を認めることで最終合意した。日EUは、データ移転の実施に向け、今秋までに必要な国内手続きを済ませる。EUが...

義援金保全法、今国会で=自民国対委員長 時事通信社 (18時34分)

自民党の森山裕国対委員長は17日の記者会見で、西日本豪雨の被災者に交付される義援金が金融機関などから差し押さえられないようにする議員立法を、今国会で成立させる方向で野党と調整に入ったと明らかにした。同...

共同親権の導入検討=離婚後夫婦の子めぐり―法務省 時事通信社 (18時17分)

夫婦が離婚した場合に父母いずれかが子どもの親権を得る「単独親権」制度を見直し、双方に親権を認める「共同親権」導入を法務省が検討していることが17日、分かった。民法の親子法制見直しの一環で、一定の結論が...

安倍首相「友好発展に期待」=日中の若者に 時事通信社 (18時07分)

安倍晋三首相は17日、日中両国の交流事業「日本中国ティーンエージ・アンバサダー」に参加した高校生らの表敬訪問を首相官邸で受けた。首相は「日中友好を幅広く発展させていく上で、皆さんの活躍に大いに期待して...

「防災省」に否定的=菅官房長官 時事通信社 (17時45分)

菅義偉官房長官は17日午後の記者会見で、自民党の石破茂元幹事長が提唱する「防災省」新設に否定的な見解を示した。政府が2015年の検討で、米連邦緊急事態管理庁(FEMA)のような統一的な中央省庁の創設に...

自民・古屋氏、虚偽記載の疑い浮上=与野党は説明求める 時事通信社 (17時45分)

自民党の古屋圭司衆院議院運営委員長に政治資金規正法違反(虚偽の記載)の疑いが17日、浮上した。パーティー収入を実際より少なく政治資金収支報告書に記載したとの一部報道に関し、古屋氏は「ほとんど差がなかっ...

被災自治体に財政支援を=豪雨対策で申し入れ―自公 時事通信社 (17時31分)

自民党の二階俊博幹事長は17日、首相官邸で安倍晋三首相に会い、西日本豪雨の災害復旧に向けた予算確保や基金創設など、被災した地方自治体への弾力的な財政支援を早急に講じるよう申し入れた。首相は「被災自治体...

石井国交相の問責決議案提出=国民民主など 時事通信社 (17時16分)

国民民主党など野党3党1会派は17日、参院に石井啓一国土交通相の問責決議案を共同提出した。

小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか 日刊ゲンダイDIGITAL (15時00分)

「政界は敵味方がしょっちゅう入れ替わる」「敵を倒すために協力することもある」――。これは、“変人”による“剛腕”との共闘宣言なのか。15日、自由党の小沢一郎代表が主宰する政治塾に講師として招かれた小泉...

安倍首相の広島視察、21日で調整 時事通信社 (14時47分)

安倍晋三首相は17日、いったん取りやめた西日本豪雨の被災地、広島県の視察を21日に行う方向で調整に入った。首相官邸を訪れた自民党の二階俊博幹事長らに「今週の土曜日には広島を視察したい」と語った。首相は...

<安倍首相>「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意 毎日新聞社 (12時30分)

安倍晋三首相は17日午前の参院内閣委員会で、大雨の予報が出ていた5日夜、東京・赤坂の議員宿舎で「赤坂自民亭」と称する飲み会に出席したことについて「政府で万全の態勢で対応に当たってきた」と述べ、初動に問...

自宅半壊でも仮設入居可=安倍首相、要件緩和の方針 時事通信社 (12時19分)

安倍晋三首相は17日午前の非常災害対策本部の会議で、西日本豪雨の被災者が応急仮設住宅に入居できる要件を緩和する方針を明らかにした。住宅半壊の場合でも、土砂や流木などの被害によって居住できなければ、全壊...

<参院6増法案>衆院特別委で可決 与党が採決強行 毎日新聞社 (12時15分)

参院定数を「6増」する公職選挙法改正案は17日午前、衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で採決され、自民、公明両党の賛成多数で可決された。与党は今国会中の成立を目指している。与党は特別委理事会で採決を提...

自民亭批判「はなはだ残念」=麻生財務相 時事通信社 (11時49分)

麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、西日本豪雨のさなかに自民党有志議員が開いた懇親会「赤坂自民亭」が批判を受けていることについて、「閣僚らが無派閥の若手と懇親を深めることが目的だ。(批判されたことは...

懇親会中も「万全対応」=写真公開には注意―安倍首相 時事通信社 (11時29分)

安倍晋三首相は17日の参院内閣委員会で、気象庁が豪雨への厳重警戒を呼び掛けていた5日夜に自民党の懇親会「赤坂自民亭」に参加していたことに関し、「万全の態勢で対応に当たってきた」と述べ、問題ないとの認識...

プルトニウム削減へ努力=河野外相 時事通信社 (11時08分)

河野太郎外相は17日の閣議後の記者会見で、自動延長された日米原子力協定について「日本の原子力産業の基盤をなす」と意義を強調し、「日本が持っている大量のプルトニウムの削減に努力していくことが大切だ」と述...

<西日本豪雨>自宅半壊でも仮設入居可 政府が条件緩和 毎日新聞社 (10時58分)

政府は17日午前、西日本豪雨で自宅が「半壊」と判定された場合でも、居住者が仮設住宅に入居できるよう条件を緩和する方針を決めた。安倍晋三首相が政府の非常災害対策本部会議で表明した。半壊認定でも土砂や流木...

過労死等の労災申請、脳・心臓疾患、精神障害ともに増加傾向 エコノミックニュース (7時01分)

厚生労働省は6日、平成29年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。ここでの過労死等とは、過労死防止法で定められた「業務における過重な負荷による脳・心臓疾患や精神障害とこれを原因とする死亡・自殺」....

月7万円の最低保障年金を提唱の考え 玉木代表 エコノミックニュース (6時15分)

国民民主党の玉木雄一郎代表は党和歌山県連結成大会で講演し「月7万円の最低保障年金」提唱を行う考えを示した。玉木代表は「単身高齢者が生きていくには月に約7万円が必要と積算されている」とし「今、国民年金を...

2018年7月16日

<国会最終盤>与野党、攻防が大詰め 自公、IR法案最優先 毎日新聞社 (19時52分)

◇野党は内閣不信任決議案提出などでぎりぎりまで抵抗の構え国会は22日の会期末に向け、与野党の攻防が大詰めを迎える。参院の定数を「6増」する公職選挙法改正案と、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案...