0

トランプ旋風は地球規模に! 今年、世界を騒がせる“極右政治家”4人とは…

2017年1月19日 06時00分 (2017年2月12日 06時01分 更新)

トランプ新大統領に勇気をもらい、世界の右ターンが超加速していくのか?

[拡大写真]

極端な右翼思想(の人)を「極右」という。トランプ氏がアメリカ大統領に就任する2017年は、この極右がハンパない勢いで拡散する年になるらしい。

「昨年末のトランプ氏の大統領当選は、ヨーロッパの右派政治家にとって大きなインパクトになりました。自分たちとよく似た政治主張の持ち主で、しかもポリティカルコレクトネス(政治的、社会的に中立・公平であり、いかなる差別も偏見も含まない姿勢)など気にせず、公の場で攻撃的かつ差別的なセリフを吐く人間が、アメリカのトップに収まったんですから。

彼らにしてみれば、『トランプのような極右が世界最強国のリーダーになれる時代になったんだ』と、強力な援軍を得た気分になっているのだと思います」(国際ジャーナリストの河合洋一氏)

事実、フランス、ドイツ、イギリスなど今、ヨーロッパを中心に「極右ポリュリスト」とでも呼ぶべき政治家が次々と台頭しているのだ。 では、2017年に更なるブレイクが予想される“右寄りな政治家”は? ここでは注目の4名を紹介しよう!

1:フランス

「欧州極右のトップランナーッッ!









『国民戦線』党首、“女トランプ”ことマリーヌ・ルペンッ!!!」

今、最も大統領に近い極右と言えばこの48歳の女性だ。今年5月のフランス大統領選挙の最有力候補のひとりで、現在、支持率は急上昇中。反移民、反イスラム、反EUを掲げ、「トランプ、プーチン、ルペンで世界平和が実現する」と豪語! 趣味はガーデニング。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!