0

民進党・松野国対委員長が予算委開催を要求

2017年9月7日 17時52分 (2017年10月3日 06時00分 更新)

民進党の松野頼久国対委員長は6日、自民党の森山裕国対委員長との会談後の記者会見で、北朝鮮問題に関する質疑をするため、予算委員会(閉会中審査)を開くよう求めたと述べた。森山国対委員長は「党に持ち帰る」と答えたという。


 松野国対委員長は「北朝鮮問題については与党、野党関係なく、当然、政府にも与党にも協力していくと申し上げた」と述べ「緊急事態に陥った場合の国会の在り方もシミュレーションする必要もあるだろうし、予算委員会に総理出席は求めないが、危機管理の官房長官を中心に各省大臣が揃った予算委員会の開催を要求した」と述べた。


 予算委員会としたことに、松野国対委員長は「領海内にもし着弾していたら海上保安庁はどうするのか、自衛隊はどうするのかということが出てくる。原発の守りは大丈夫なのか、事故が起きた時の避難訓練はできているのかとなると経産省になる。そういうところは普通に国民の皆さんが不安を感じているのではないかと思うので、幅広に大臣を呼べる予算委が適していると判断した」と説明した。(編集担当:森高龍二

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!