2

北朝鮮・核ミサイルの脅威に方向性を見失う世界--「危機感」を煽る、日米政府の思惑とは?

2017年9月14日 13時00分 (2017年10月9日 06時00分 更新)

国際社会は北朝鮮が「本格的な核ミサイル保有国」になることを阻止する有効な手段を失いかけていると語る、英紙「ガーディアン」のジャスティン・マッカリー氏

[拡大写真]

何度も繰り返される弾道ミサイル発射に6回目の核実験実施──アメリカ本土をも射程圏に収めるICBM(大陸間弾道ミサイル)や「水爆」を開発し、挑発行為を続ける北朝鮮の金正恩に対して、アメリカのトランプ政権も「軍事行動を含めたあらゆる対応の可能性」を示唆している。

緊迫の度を増す北朝鮮情勢を、ヨーロッパのメディアはどう見ているのだろうか? 「週プレ外国人記者クラブ」第91回は、イギリス「ガーディアン」紙東京特派員のジャスティン・マッカリー氏に話を聞いた──。

***

─マッカリーさんは日本に暮らす外国人のひとりとして、北朝鮮をめぐる状況をどのように感じていますか?

マッカリー 7月のICBM発射実験に続き、8月29日には新たな弾道ミサイルが日本上空を通過、そして9月3日の核実験実施…北朝鮮の挑発行為は一向に収まる気配がありません。この挑発行為は、国連による経済制裁を含め、北朝鮮への軍事的圧力、中国やロシアを巻き込もうとした努力など、これまでアメリカ、日本、韓国が行なってきた政策が「全く役に立っていない」という非常に厳しい現実を示しているように思います。

その間に金正恩は着々とミサイルや核兵器の開発を進め、仮に現時点ではまだ厳密な意味で「実用化レベル」に達していないとしても、数ヵ月後には「本格的な核ミサイル保有国」になっている可能性が高い。もはや世界はそれを阻止する有効な手段を失いかけている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    「危機感」を煽るだけの政治的なパフォーマンス、とはまさに、正鵠を射ている。支持率目当ての子供騙し。その「子供騙し」が奏効してしまうところにも問題はあるのだが。

    8
  • 左巻きより左利き 通報

    金王朝の国是は王朝存続を米国に保証させることなのは先代の時から明らか。ある時点までの日本の最善手は「米国に認めさせるから拉致被害者を帰国させろ」との仲介だったのだがね。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!