<安倍政権>苦肉の財務次官更迭先送り 影響拡大避け

2018年4月16日 21時50分 (2018年4月24日 03時21分 更新)

警備員に囲まれ、財務省を後にする福田淳一事務次官(上)=東京都千代田区で2018年4月16日午後6時21分、佐々木順一撮影

[拡大写真]

 財務省が学校法人「森友学園」に関する決裁文書改ざん問題で揺れる中、麻生太郎副総理兼財務相は、週刊新潮でセクハラ発言が報じられた福田淳一事務次官をすぐに更迭しない道を選んだ。安倍政権のダメージを抑えるための苦肉の策だが、与党では「問題を長引かせてはいけない」と早期辞任を求める声が広がっている。

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で「任命権者の財務相が対応する」と述べ、財務省の調査を見守る考えを示した。麻生氏は参院決算委員会で「(事実かどうかは)今だって分からない」と答弁し、現時点での福田氏の処分を否定した。

 改ざん問題を受けても麻生氏が財務相にとどまっているのは、同氏が政権を支えるキーマンの一人だからだ。ここで福田氏が辞任すれば、麻生氏の政治責任を問う声が強まり、安倍晋三首相の立場も苦しくなる。

 しかし、福田氏をかばうことにはリスクも伴う。ある閣僚経験者は16日、「麻生氏にはがっかりした。財務省内をコントロールできていない」と批判。公明党幹部は「なぜひと思いに福田氏を切らないのか」と不満を漏らした。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は16日、自民党の森山裕国対委員長との会談で福田氏の問題を持ち出し、「財務省は組織ぐるみでセクハラを隠している」と更迭を促した。森山氏は「それは難しい問題だ」と濁したが、会談後、辻元氏は「与党が危機感を共有できていないのは深刻だ」と記者団に語り、政権全体の問題だと強調した。