100+

加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

2018年6月20日 15時00分

ようやく出てきた加計理事長(右)/(C)共同通信社

[拡大写真]

 あまりにも姑息なタイミングだ―――。19日、岡山市内で緊急会見を開いた加計学園の加計孝太郎理事長。加計問題が発覚して以降、理事長が会見したのは初めてのことだ。このタイミングなら、大きなニュースにならないという計算がミエミエである。

■地元・岡山で加盟社以外の記者の取材を拒否

 初の会見に至ったキッカケは、愛媛文書に記載された2015年2月25日の安倍首相と理事長の面会だ。先月31日、加計学園の事務局長が「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出して(愛媛県に)伝えてしまった」と謝罪会見を開いたばかりである。

 19日の会見は、行政に“ウソ”をついた責任を取る形で、理事長と事務局長の処分が決定し、急きょ開かれることになった。

 ところが、会見が行われたタイミングについて「なぜ今なのか」と疑問の声が上がっている。

 会見を開くことも直前に伝えられた。会見開始2時間前の午前9時すぎ、地元の記者クラブに通達したが、なぜか加盟社以外の記者の取材を拒否。学園の報道担当者は「(フリーにした場合)どれだけの記者が来るかわからない」として、取材を制限したという。なるべく小さなニュースにしようという学園の意図は明らかだ。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。

「午前11時は、生放送しているテレビ番組が限られています。世間の注目を浴びたくない学園側からすれば、この時間帯の会見は大きなメリットがある。加えて、加計問題を追及している在京記者は2時間で岡山に行くことができません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”」のコメント一覧 100+

  • 匿名さん 通報

    加計理事長が安倍総理と面会した記録も記憶もないと虚偽を述べる。安倍総理本人も、周辺の官僚も腹心の友も嘘ばかり。会った事実を否定するからおかしな会見になる。安倍周辺は嘘まみれ。

    134
  • 匿名さん 通報

    森友、加計、日報、セクハラ問題と、不祥事だらけの安倍政権。 もう、信用出来ない。

    116
  • 匿名さん 通報

    加計も人として小さいな。

    105
  • 匿名さん 通報

    また加計か。。安倍はお友達や他の官僚を矮小にさせて汚らしくするのが得意。あまり酷い事ばかりしてるとその内日本が破綻するぞ。

    105
  • 匿名さん 通報

    何故アベトモはみんな汚らしい性格になっているのやら。

    102
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!