100+

安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

2018年7月20日 09時26分

数の力でアッサリ6増(18日=衆院本会議)(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

 国会会期末が迫る中、安倍政権は災害対応そっちのけで、トンデモ法案をごり押しだ。18日の衆院本会議で、参院議員定数6増の“改悪”公選法を成立させたが、カジノ法案も19日にも強行採決する方針。野党は内閣不信任決議案提出も視野に入れて徹底抗戦する構えだ。そんなドタバタで置き去りにされているのが、西日本豪雨の補正予算。死者200人超の大災害なのに、政権の腰は重い。過去に例のないモタモタぶりである。

 2016年の熊本地震は、4月14日と16日に2度も震度7の揺れが発生し、267人もの死者を出した。この時、安倍首相は速やかに補正予算に動いた。

 発生から4日後の18日の衆院TPP特別委で、九州出身の緒方林太郎議員(民進=当時)から「補正予算の可能性も含めて検討すべきではないか」と問われた安倍首相は「あらゆる手段を講じていきたい」と応じた。

 同月24日には非常災害対策本部で補正の編成を正式表明。5月13日の閣議決定を経て、17日には熊本地震対策の16年度補正予算を成立させた。総額は7780億円にも及び、当面の被災者支援に、1万5000戸分の仮設住宅費など780億円、残りは使途を限定せず7000億円を計上。地震発生後33日目のスピード成立だった。

 災害復旧の補正予算は、阪神・淡路大震災(1兆円)で、村山内閣が発生から42日、東日本大震災(4兆円)では、菅内閣が52日で成立させている。

「被災者、被災自治体は国の財政的なバックアップが見えないと不安です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに」のコメント一覧 100+

  • 匿名さん 通報

    安倍晋三氏は内閣を退陣しろ!

    102
  • 匿名さん 通報

    勝手に法案成立。 こりゃ、改ざんやインチキと変わらんわ。

    91
  • 匿名さん 通報

    彼を見て思うフレーズは「存在の耐えられないあざとさ」。

    77
  • 匿名さん 通報

    ゲンダイは悪くない。すべてはアベが悪い。

    77
  • 匿名さん 通報

    共産党はカジノもパチンコも反対です。田村智子議員が明言しました。カジノ、パチンコに反対の野党は今こそ結集し、パチンコを禁止する法案を提出し、カジノ反対の立場の正当性を示すべきです。

    57
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!