0

日本の将来は暗いと思う割合は60% 30代では最多の65.3%に

2014年10月30日 12時33分

 内閣府は10月18日に「人口、経済社会等の日本の将来像に関する世論調査」を発表した。全国の成人男女3,000人を対象に8月21~31日に面接方式で実施した同調査で、日本の先行きに対する印象に関して暗い事実が浮かび上がった。


 同調査によると、50年後の日本について「暗い」との回答は18.5%、「どちらかといえば暗い」は41.6%となり、あわせると60.1%が日本の先行きに対して明るいイメージを持っていないことが分かった。また年齢別に見ると、30代の65.3%が暗いと回答し最多。最小であった70代の50.9%と比較すると突出した数字となった。ちなみに同調査で「明るいと思う」は33.2%にとどまっている。


 また自身の将来についての結果も暗いものとなっている。自分の将来の先行きに「不安を感じる」との回答が29.2%、「どちらかといえば不安を感じる」が39.8%となり、69%が自身の将来に対して明るい見通しを思っていない。性別で見ると「不安を感じる」とする者の割合は女性で71.1%と高くなっている。また、年齢別に見ると50歳代で79.9%と最多になり、次いで40歳代で77.3%となっている。逆に「不安を感じない」とする者の割合は70歳以上で最多の割合となった。


 自身を巡る将来について、不安に感じる点は「自分や家族の健康状態の悪化」を挙げた割合が50.3%で最多、次いで「大地震などの大規模な自然災害の発生」の47.9%、「社会保障や教育などの公的サービスの水準の低下」の42.1%の順となっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「日本の将来は暗いと思う割合は60% 30代では最多の65.3%に」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!