4

リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

2017年5月24日 07時33分

リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

[拡大写真]

■リニア新幹線/JR東海、神奈川県駅隣接工区(相模原市)の準備工着手

 ◇シールド発進立坑構築へ
 JR東海は、相模原市内に整備するリニア中央新幹線の「神奈川県駅」(仮称)の隣接工区の準備工事に着手した。地下構造の同駅名古屋側に整備するシールド機の発進立坑の建設工事の一環で、準備工と土留め壁工までをジェイアール東海建設の施工で進める。立坑の掘削工(深さ約30メートル)は別途発注し、18年度の着工を予定。シールド工(準備・掘進)については19年度半ばをめどに作業に入る。
 神奈川県駅の隣接工区の所在地は相模原市緑区橋本2丁目(工事ヤード面積約3200平方メートル)。準備工では仮囲いや防音シートの設置、出入り口、ヤードの整備などを経て、既設杭の撤去作業を行う。6月までに土留め壁工(施工延長100メートル)に着手。18年3月末の完工を目指す。
 神奈川県駅は東京・品川~名古屋間に4カ所整備するリニア新幹線の中間駅では唯一の地下駅。事業説明会の資料によると、地下3層構造(深さ約30メートル、幅約50メートル、線路方向の長さ約900メートル)のうち、地下3階レベルに本線のほか、ホーム、副本線を配置。地下2階レベルには入出場口や改札設備、旅客トイレなどを設ける。
 神奈川県駅周辺の工事は4ブロック(i~iv)に分けて実施する計画。各ブロックの概要は▽iブロック(品川方面からのシールド機の到達部)=シールド到達基地を開削工法で構築(想定工期約6年弱)▽iiブロック(横浜線部)=JR横浜線・相模線の交差下を非開削工法で構築(約10年強)▽iiiブロック(駅一般部)=開削工法で構築(約8年)▽ivブロック(名古屋方面に向かうシールド機の発進部)=シールド発進基地を開削工法で構築(約10年弱)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    前は略:海なし県に停車する意義を見出せない←地理音痴。神奈川県は海があるに決まってるだろが、それと埼玉・栃木・ぐんまにも喧嘩売ってんの??。流石に政治駅はねぇだろ、今回は。

    2
  • 匿名さん 通報

    神奈川県の橋本駅ですね。あの辺りは人口がどんどん増えてますね

    1
  • 匿名さん 通報

    無駄な駅が多いのが、リニア新幹線の敵なんだろう。 海なし県に停車する意義を見出せない

    0
  • 匿名さん 通報

    相模原市って神奈川県かよ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!