0

ポータブル唯一の純A級フルディスクリートアンプ搭載オーディオプレーヤーが進化

2017年7月17日 18時52分 (2017年7月17日 21時04分 更新)

バランス出力を搭載、さらなる高音質へ

[拡大写真]

イヤホンなど音響機器を手がけるS'NEXT(エスネクスト、神奈川県川崎市)は、中国Questyle Audio Technology製のポータブルオーディオプレーヤー「QP2R」を2017年7月下旬~8月上旬に発売する。

高解像Hi-Fiサウンドを体感

前モデルからデザインを踏襲しつつ、より一層クリアな音質を実現するため、ポータブルでは唯一だというフルディスクリート構成はそのまま、内部基盤を2.5ミリ・バランス出力に対応したフルバランス設計アンプとした。

また、純A級動作をより安定化するため、ハイエンドの据え置きアンプに用いられる「BIASコントロールシステム」をポータブルで初搭載。ローインピーダンスのインイヤーモニターからハイインピーダンスのヘッドホンまで、高い解像感と広がりのあるHi-Fiサウンドを体感できるという。

旭化成エレクトロニクス製のDAC(デジタル・アナログ・変換回路)チップ「VERITA AK4490」を内蔵し、DSD 11.2MHz、PCM 384kHz/32bitまでのCDを超える高解像度「ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源」のネイティブ再生に対応する。

内蔵ストレージは64GB、microSDカードスロット(最大200GB)を装備する。入力インターフェイスはUSB Type-C。出力インターフェイスは3.5ミリイヤホン端子(光デジタル共用)、2.5ミリバランス端子。容量3100mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、10時間の連続再生が可能だ。

専用USBケーブル、光デジタルケーブルアダプター、キャリングポーチ、コントロールホイール/センターボタン用シリコンシートが付属する。

カラーはゴールド、スペースグレイの2色。

市場想定価格は15万9800円(税込)。<J-CASTトレンド>

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!