0

「気のせい」じゃなかった! 胃の病気「機能性ディスペプシア」の原因と対策

2017年10月27日 10時30分

緒方医院の刑部(おさかべ)優美院長

[拡大写真]

胃が痛い、胃もたれする、ムカムカする。検査で異常はなかったのに、どうして――。

それは、「機能性ディスペプシア」と呼ばれる病気かもしれない。胃もたれなど胃の違和感があるが、内視鏡などの検査では異常がみられない状態を総称する。2013年に正式な病気と認定された。

「機能性ディスペプシア」を疑った時、どうすればよいか。J-CASTトレンド編集部は、消化器内科の緒方医院(東京都大田区)・刑部(おさかべ)優美院長に話を聞いた。

有病率は10~20%

――実はこの病名、初耳でした。「機能性ディスペプシア」とはどんな病気ですか。

「器質的疾患や全身性の病気、代謝性の病気がないにもかかわらず、慢性的に心窩部痛(みぞおちの痛み)やもたれを感じる症状で、機能的な異常で起こる病気のことです。内視鏡検査などを受けていただき、胃がんや胃潰瘍や、胃炎などの器質的な病気がないことを確認して、診断されます」

――主な症状には、どんなものが挙げられますか。

「胃もたれと早期飽満感(すぐに満腹になってしまうような感覚)、心窩部痛(みぞおちの痛み)と心窩部の焼灼感(みぞおちの焼けるような感覚)の2つに大きく分けられます。それ以外には、吐き気とか腹部の膨満感などの症状があります。これら全部の症状をお持ちの方もいらっしゃいますし、様々なケースがあります」

――こういった症状が発生する原因は何ですか。

「食物が食道から胃に入ってくると、上部のあたりが拡張されて、食物が貯留されます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「気のせい」じゃなかった! 胃の病気「機能性ディスペプシア」の原因と対策」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!