0

年末年始の住まい探し事情 「12月に住まいを探すメリット」を不動産スタッフが教えます

2017年12月18日 06時00分 (2018年1月31日 05時58分 更新)
あまり忙しくならないうちに行くのがよさそうです!

ちなみに、12月に住まい探しを始めるメリットについて聞いてみました。

Q.お客様にとって、年末(12月)に不動産店を利用する、時期的なメリットがあれば教えてください。

「退去予定の情報が集まってきますので、ネットに上がる前の最新情報を聞ける可能性がある。スタッフとの人間関係が構築できれば、いち早く教えてもらえるかも?」

「年末は比較的暇な時期だと思うので、対応も含めてお客様に対して費やす時間が多く取れます。しかし、年末に近づくほど事務処理を急ぐ必要があるので、バタバタしてしまうことも」

「年内に空き室を決めてしまいたいと思う貸主さんは多いです。そのため、入居が年内でなくとも1月上旬に入居するなど、賃料や入居日など相談がしやすい。また、年内中に引っ越してお正月にのんびり部屋の片づけというのも良いものです」

「1月入居を検討しているなら、12月に退去予定が増えるため、検討材料が多く得られる。また、同じ建物の別の部屋が空いていれば雰囲気だけでもつかむことはできます。なるべく遅く入居したい場合は、空き予定の物件の契約を先にしておくことも可能です」

「12月ごろは閑散期のテコ入れで設備も充実し、礼金や賃料なども安くなる最終時期なので値ごろ感がある。1月中旬からの繁忙期に入ると、設備のテコ入れもなく、賃料を高めに設定してもすぐに決まってしまいます」

スタッフがじっくり対応する時間がとれるということをはじめ、特に賃貸の場合は退去予定の物件をいち早くチェックできる、貸主も決めたがっている時期なので交渉しやすいなど、いろいろなメリットがあるようです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!