0

集まれ餃子女子!「餃子フェス OSAKA 2018」が今年もGWに開催

2018年4月24日 19時00分

餃子と言えば、ガッツリ食べる体育会系男子やビール片手の中年男性をイメージしたのは過去の話。今や“餃子女子”なるブームが起こり、女子好みのメニューが人気を集めている。

そんな中、多種多様な餃子メニューが集まる「餃子フェス OSAKA 2018」が、5月2日(水)~6日(日)の期間、大阪城公園太陽の広場で今年も開催される。入場は無料、食券は1枚600円。


今年のテーマは「ビューティ&エナジー」。健康志向の女子たちに捧げる“ビューティーメニュー”と、GWを満喫するためにパワーをつけたい“エナジーメニュー”を取り揃え、定番人気の「ご当地餃子」を筆頭に、「職人系餃子」「肉汁ハンパない系餃子」「おしゃれバル系餃子」などのカテゴリーに分け、食べても撮ってもおしゃれな餃子の世界を過去最多のラインナップで繰り広げる。


“餃子女子”が好むのは、ちょっとおしゃれな個性派の餃子店。ワインを片手に楽しめるバル風餃子のお店『オペレッタ52』の「白鴨餃子」は、まさにビューティ餃子の代表格だ。


国産素材にこだわる『餃子少年~GYOZA BOY~』の勝負餃子は、特製明太マヨソース&お餅&チーズの「もちチーズ明太マヨ焼き餃子」。女子好みの三大トッピングも満喫したい。


肉汁部門では『肉玉そば おとど×浅草開化楼』の「東京名物 肉汁おとど餃子」が登場する。他にも『羽根つき焼小籠包 鼎's(Din's)』の「羽根つき焼き小籠包」や、『近江牛餃子 包王』の餃子と小籠包が合体した贅沢な特大餃子「近江牛餃子 牛とんぽう」なども味わうことができる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!