1

プロ野球球宴ファン投票の途中経過発表 あの3球団に「選出ゼロ」の可能性

2018年6月20日 18時44分

2018年プロ野球オールスターの人気は巨人&西武

[拡大写真]

サッカーワールドカップが盛り上がりを見せる中、プロ野球は毎年夏の恒例イベント「オールスターゲーム」の人気投票で、白熱のバトルを展開している。

2018年6月18日、日本プロ野球機構(NPB)は投票の中間集計をまとめた最終報告を特設ウェブサイトにて発表した。今年は読売ジャイアンツ埼玉西武ライオンズの選手に人気が集中している。一方で、3球団にファン投票での「選出ゼロ」の可能性が高くなってきた。

上原浩治松坂大輔の共演あるか

オールスターゲームには、ファン投票などで選ばれた一部の選手のみが出場できる。セ・リーグの人気は、読売ジャイアンツに集中している。

選出が濃厚なのは遊撃手の坂本勇人選手(29)、捕手の小林誠司選手(29)の常連メンバーに加え、今年初めて「4番」に座るなどブレイク中の一塁手の岡本和真選手(21)、そして10年ぶりに日本球界に復帰した中継の上原浩治投手(43)だ。

上原投手はこのまま選出されると、2007年以来の出場となる。27万630票を獲得しており、2位の鈴木博志投手(21、中日ドラゴンズ)とは10万票以上差がある。選出はほぼ当確か。

ただ、懐かしい名前は上原投手だけではない。選出されれば2006年以来となる先発の松坂大輔投手(37、中日ドラゴンズ)も選出濃厚だ。松坂投手は29万7763票を獲得しており、2位の菅野智之投手(28、読売ジャイアンツ)とは10万票以上差がある。

なお、松坂投手は6月17日に先発する予定だったが、登板直前に背中の痙攣(けいれん)を訴えて先発を回避している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「プロ野球球宴ファン投票の途中経過発表 あの3球団に「選出ゼロ」の可能性」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    やむを得ないのでは、プロは実績でしょ❗

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!