0

音楽ファンなら気になる欲しくなる機能充実のデジタルオーディオプレーヤー

2018年7月22日 07時00分

 ハイレゾが聴けるなど、どんどん音が良くなってきているスマホだが、じっくりと音楽に入り込みたいというときには、やっぱりDAP(デジタルオーディオプレーヤー)だ。今年4月に発表されて発売が待たれていたAstell&Kernの新モデル、「A&norma SR15」が7月28日に発売される。価格はオープンで、直販サイトでは9万9,981円(税込)となる予定。

 超高級DAPで業績を伸ばしてきた同社の、新しいベーシックラインを示すA&normaの名前を冠したSR15は、最新のDACチップ(CS 43198)2基を使って、左右チャンネルとそれぞれのGNDラインも分ける贅沢な設計で、より低歪みで忠実なクリアサウンドを目指している。

 ハイレゾはPCM192kHz/24bit、DSD2.8MHzまではネイティブ(内部変換なし)で再生できて、さらにPCM384kHz/32bitまで、DSD5.6MHzの音源はダウンコンバートで対応する。

 ダイレクトに音楽再生に入れるのはDAPならでは。3.3型カラー液晶画面のインターフェースで、聴きたい曲をすぐに探したり、聴いたりできるように操作画面も分かりやすくなっている。USB AUDIO出力によりオーディオDACとつないだり、パソコンやNASサーバーにある音楽をワイヤレス(Wi-Fi)で聴いたり、Bluetooth機能によりBluetoothイヤホンやスピーカーなどにワイヤレスで音楽を飛ばして聴くなど、さまざまなスタイルで楽しむことができる。

 aptX HDコーデック対応。内蔵メモリーは64GB、microSDカードスロットを使って400GBまで拡張できる。フル充電の連続再生時間は約10時間、大きさが幅57.5×高さ99.7×厚さ16.1mm、重さ約154g。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「音楽ファンなら気になる欲しくなる機能充実のデジタルオーディオプレーヤー」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!