世界びっくりニュース アクセスランキング

  1. 1
    道具いらず。たった2分で鼻づまりを直す方法【ライフハック】

    道具いらず。たった2分で鼻づまりを直す方法【ライフハック】

    鼻がつまると息苦しいし、気持ち悪いし寝苦しい。すぐに治ればいいんだけれど、頑固な鼻づまりは気が狂いそうになるほどイライラするだろう。しつこく鼻をかもうが、なにをしようが鼻が通らない。原因は様々だが、風...

    提供元:カラパイア 2017/09/24 公開
  2. 2
    【衝撃】1943年の写真にスマホを使う男が写っていた! 「タイムトラベラーの証拠だ」 とてつもない違和感に驚嘆の声

    【衝撃】1943年の写真にスマホを使う男が写っていた! 「タイムトラベラーの証拠だ」 とてつもない違和感に驚嘆の声

    1943年にイギリスのビーチで撮影された写真にタイムトラベラーのような男の姿が写り込んでいると話題になっている。今月8日付の英「DailyMail」や「Mirror」など複数メディアが報じている。■浜...

    提供元:TOCANA 2018/10/15 公開
  3. 3
    【衝撃映像】ダイビング中にM5.6の地震が起きるとこうなる! 巨大な見えない力でコントロール不能になる瞬間…!

    【衝撃映像】ダイビング中にM5.6の地震が起きるとこうなる! 巨大な見えない力でコントロール不能になる瞬間…!

    自宅、職場、学校、通勤・通学中の電車内……地震はあらゆるタイミングで起こる可能性があるが、海中で地震を経験した人はなかなかいないのではないだろうか?そんな珍しい瞬間を撮影した映像が動画共有サイト「Li...

    提供元:TOCANA 2018/10/15 公開
  4. 4
    【ガチ】うつ病の人は「鬱語」を話していることが言語分析で判明! 「絶対に~」「必ず~」を連発する人は危険!?

    【ガチ】うつ病の人は「鬱語」を話していることが言語分析で判明! 「絶対に~」「必ず~」を連発する人は危険!?

    うつ病は世界中で3億5000万人が罹患しているといわれ、日本でも100人に3~7人が経験しているとされる精神疾患だ。程度にもよるが、見た目にはうつ病だと周囲から気付かれない場合もあり、理解されづらい精...

    提供元:TOCANA 2018/02/22 公開
  5. 5
    存在しないはずのものが見える「ポストディクション錯視」が激ヤバ! 脳のタイムトラベル作用が発動!

    存在しないはずのものが見える「ポストディクション錯視」が激ヤバ! 脳のタイムトラベル作用が発動!

    壁のシミが顔に見えるパレイドリアや、注意を払っていないものを知覚できない宇宙ゴリラ効果等々、我々の脳や知覚では錯覚や幻影を生み出す様々な現象が起きている。その一つに「ポストディレクション」という作用が...

    提供元:TOCANA 2018/10/15 公開
  6. 6
    これぞ東洋医学。薬を使わずにたった5分で頭痛を治す8つのツボ押し療法

    これぞ東洋医学。薬を使わずにたった5分で頭痛を治す8つのツボ押し療法

    私とかの場合日々、PCと向き合っているという職業柄肩こりからくる頭痛にさいなまれているわけである。ロキソニンは効果てきめんなのだが、毎日薬に頼るのもどうかと思っていた矢先、こんな情報が飛び込んできた。...

    提供元:カラパイア 2017/04/17 公開
  7. 7
    何様かと思えば猫様だった。バスケットにどっしり鎮座し2匹の犬を車夫として使役する猫

    何様かと思えば猫様だった。バスケットにどっしり鎮座し2匹の犬を車夫として使役する猫

    青い瞳が美しいヒマラヤンキャットのクライドには自ら進んで下僕をかって出る犬が2匹もいるようだ。フレンチブルドッグのフランキーとルーイだ。クライドレベルになると自ら歩かなくてもよい。犬たちが自らの入った...

    提供元:カラパイア 2018/10/15 公開
  8. 8
    世界仰天ニュース。ある食べ物を食べたところ、まつ毛が異常に長くなってしまった男性(ウクライナ)

    世界仰天ニュース。ある食べ物を食べたところ、まつ毛が異常に長くなってしまった男性(ウクライナ)

    その長さ約3センチ。通常のまつ毛の長さが1センチ前後だから3倍もの長さとなる。ウクライナの首都、キエフに住むヴァレリー・スマグリーさん(58)は、ある食品を食べ始めたところまつ毛が異常に成長しはじめた...

    提供元:カラパイア 2015/03/04 公開
  9. 9
    no Image

    米「プレイボーイ」誌創刊者の私物が競売に、愛用のガウンなど

    [ロサンゼルス12日ロイター]-米男性誌「プレイボーイ」の創刊者で、2017年9月に91歳で死去したヒュー・ヘフナー氏の私物が、オークションにかけられることになった。トレードマークだった黒いシルクのパ...

    提供元:ロイター 2018/10/15 公開
  10. 10
    【必読】宝くじで高額当選14回! 必勝法「組み合わせ縮合」を用いてボロ儲けした経済学者の詳細とは!?

    【必読】宝くじで高額当選14回! 必勝法「組み合わせ縮合」を用いてボロ儲けした経済学者の詳細とは!?

    夢を求めて、多くの庶民が購入に走る「宝くじ」。日本では現在、「オータムジャンボ宝くじ」から名を変えた「ハロウィンジャンボ宝くじが」発売中だ。結果は“完全に神頼み”だからこそ、購入者はみな公平に夢を見る...

    提供元:TOCANA 2018/10/14 公開
  11. 11

    【ショック】2018年版ノストラダムスの大予言が絶望的!「史上最悪の地震発生」「豚人間」「 第三次世界大戦」など悲報10連発!

    提供元:TOCANA 2017/09/07 公開
  12. 12

    世はまさに世紀末なのか?強盗に拳銃を突きつけられてもまったく動じない店員と客のいる店

    提供元:カラパイア 2018/10/15 公開
  13. 13

    起きたら腕がしびれてる!これって何なの?大丈夫なの?

    提供元:カラパイア 2016/06/26 公開
  14. 14

    超簡単! ドス黒い喫煙者の肺が、たった3日でこんなに「真っ白」に!? 驚愕の方法とは?

    提供元:TOCANA 2015/10/08 公開
  15. 15

    【衝撃】「宇宙人の存在が隠蔽されているたった1つのシンプルな理由」を元医師スティーブン・グリア博士が暴露!

    提供元:TOCANA 2017/06/20 公開
  16. 16

    眠れないとき是非試したい。1分間で眠りにつく方法

    提供元:カラパイア 2015/02/22 公開
  17. 17

    10次元までの世界を段階的に徹底解説! 6次元で全宇宙にアクセス、7次元でもう1つの宇宙へ…高次元世界のすべて!

    提供元:TOCANA 2017/11/29 公開
  18. 18

    「置いて行かないで…」エベレストに残る200体以上の遺体の意外な役目とは?

    提供元:TOCANA 2016/03/01 公開
  19. 19

    【衝撃画像】「グーグル・ムーン」が捉えた”ウナギの骨”のような巨大構造物が謎すぎる! やはり月には宇宙人の基地がある!?

    提供元:TOCANA 2017/01/11 公開
  20. 20

    【遺伝の不思議】 100万分の1の確率! 白人と黒人の夫婦の間に生まれた赤ちゃんが...!?

    提供元:TOCANA 2014/09/26 公開