0

JA新はこだて きゅうり一部から基準値超える農薬

2017年9月12日 16時48分 (2017年9月14日 18時03分 更新)
北斗市内の生産者が出荷した「きゅうり」の一部から残留基準値を超える農薬が検出されたため、北海道渡島保健所は販売者の新函館農業協同組合に対し、当該品の回収を命じた。同保健所が2017/09/04に収去したきゅうりから、基準値0.02ppm(アルドリン及びディルドリンの総和)のところ0.03ppmの「ディルドリン」が検出された。原因は調査中だが、当該生産者はディルドリンを使用していないことから、何らかの形で土壌に残留していたものがきゅうりに移行した可能性が考えられる。 今回の検出値は、通常の摂取量であれば健康に対する影響はない。これまでに健康被害の報告はない。(R+編集部)

【発 表 日】2017/09/08
【企 業 名】新函館農業協同組合
【キーワード】JA農協きゅうり胡瓜キュウリ農薬残留農薬殺虫剤食品衛生法基準超過基準値超過
【 ジャンル 】食品
【 関連情報 】
http://www.ja-shinhakodate.jp/PDF/2017.9.8_owabi.pdf
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kse/sho/iha/ihan170908.htm...
---■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!