0

前代未聞!行動したい人におすすめー明るいひきこもり、かずのこさんが語るー心理系RPGゲームSPARXの良さ

2016年8月17日 09時18分
人事の方必見!ー法人向けサービス開始ーストレス対策にもオススメ!国連とユネスコ後援の「国際デジタルアワード」と「ザ・ワールドサミットアワード」を受賞した気分のコントロール方法を学べるゲームSPARX

無気力だったり、自分を責めたりしてしまう人におススメのRPG『SPARX(スパークス)』ーひきこもり当事者かずのこさんだからわかること
【iPhone/iPad】 https://goo.gl/XcmAJI
【Android】https://goo.gl/gp6Ntq
【Windows 7以上】http://goo.gl/18BcnX

[画像1: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-946920-3.jpg ]

かずのこさんのSPARXまとめ記事:https://kazunoko.xyz/sparx-info/
*SPARX:ニュージーランドの国家プロジェクトとして、オークランド大学で開発された3DRPG。ヒーロー・ヒロインとして戦っていく過程で気分のコントロール方法やコミュニケーションスキルを学ぶことができる。

【元会社員・かずのこさんがSPARXを使用するまでの経緯】
もともと中学生の頃から不登校で、自己嫌悪に陥ってしまう考え方をしていました。学校に行けない自分は情けない。その自己嫌悪は社会人になっても続いていました。

就職してからも毎日頑張っていたのですが、なにかあるとすぐ自分を責めてストレスを感じるように。それを発散することもできずある日突然何もできなくなり、会社を辞めました。

しばらくして2015年の8月に地元に戻り、実家で過ごすようになりました。実家暮らしを始めた当初は「このままじゃダメだ」とばかり考えて、逆になにをしたらいいかわからなくなってしまい、ただ無気力で何もできない時期が続いていました。

しかし、自分を許せるようになってから、つきものが落ちたように楽になり、家にいてもできるブログの執筆を開始しました。

SPARXは遊びながら認知行動療法が学べるというので、自分にも効果がありそうだし、ちょうどブログのネタにもなりそうだと考えて購入しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-256363-9.jpg ]

【SPARXの良い点】
アプリを開いても、どうしても気分が良くならず、プレイしたくないときだってあります。そんな時、SPARXは必ず最初に「今日はプレイしたいですか?」とプレイヤーの気持ちを配慮して聞いてくれます。「いいえ」を選んでも無理強いはせず、また今度気分が良いときにやろうと提案してくれます。

ちゃんとプレイヤー側に寄り添っていると思うし、やりたいときに自分のペースで進められるように考えられていて、押し付けがましくないところがいいと思います。

あからさまな勉強っぽさもほとんどなく、憂うつな気分の人にとても優しい仕様だと感じました。


[画像3: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-434352-5.jpg ]

【SPARXで学んだこと】
以前から自分がネガティブ思考であることは漠然とわかっていましたが、SPARXを遊んだことで、そのネガティブ思考は考え過ぎがもたらしたものだということに気づきました。

「今まで自分があたり前だと思っていた考え方は、実はネガティブなフィルターがかかった、現実的じゃない考え方かもしれない。」このことが理解できると、より客観的な視点からものごとを考えられるようになります。これからネガティブ思考が浮かんできた時にも、それは考え過ぎだと気づくことができると思います。
[画像4: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-976307-12.jpg ]

加えて、SPARXは実践できるスキルを学べるので、現実社会で活かしやすいと思います。現に相手との交渉や精神的に落ち着きたい時にとても役立っています。

【認知行動療法の本より安いSPARXー高すぎるとは思わない】
SPARXの値段は1,000円で、アプリとしては高い部類かもしれませんが、自分がSPARXを通して得たことからすると決して高すぎるとは思いません。その理由は2つあります。

ひとつは「認知行動療法の基本を遊びながら学ぶことができる」こと。遊びながら入ってくる知識は記憶に残りやすく、体験として残ります。個人的にはゲーム的におかしい個所にツッコミを入れるのが楽しかったです。
[画像5: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-831532-4.jpg ]

もうひとつは「ゲームなのでとっつきやすい」こと。認知行動療法を学ぶにしても、本を読むことさえ、気力が必要です。最初の1ページもめくれないことだってあるかもしれません。その点SPARXはスマホアプリなので、ワンステップで始めることができます。1つのステージにかかる時間は30分ほどと決まっているので、辞め時も決められます。ゴールが見えないと、それに向かって頑張ることができないので、辞め時の目安があるとはとても重要だと思います。

[画像6: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-180899-13.jpg ]

【RPGゲームとしてのストーリーやアクション性】
ゲームとして見ると、操作感や没入感であまり優れているとは思わなかったです。 むしろ違和感の方が大きいかもしれないですね(笑)。 遊べる教材として考えて、細かい不便さはどこまで大目に見れるかっていうところはあると思いますね。

【SPARXをオススメしたい人】
憂うつな気分やひきこもりの状態は人によって本当に違うので、万人に効果があるとは言えないかもしれません。

けれど、現状をどうにかしたいと思っている人にはとても効果があると思います。

SPARXをプレイしていて一番記憶に残ったのは「考え方を変えてください。行動を変えてください。そうするとあなたの気分も変わります。」という言葉です。自信がなくて何もできない人は本当に多いと思います。けれど行動さえできたら自信は後からついてくる。前提が自然と置き換わっていったように感じます。
[画像7: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-758083-10.jpg ]

自分は出不精で、外出時ちょっとでも嫌だなと思うと一歩も外に出られませんでした。でもSPARXのおかげで、気分は行動の後についてくることを知り、動けない時ほど行動することで気分が良くなると考えられるようになりました。

今では人に会うために外出ができるようになるほど、心が楽になっています。SPARXは一通りやり終えましたが、またはじめからやり直してみたいと思います。

[画像8: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-557417-7.jpg ]


【商品概要】
法人向けサービスも開始しました!お気軽にお問い合わせください。
商品名:SPARX
【iPhone/iPad 1080円】 https://goo.gl/XcmAJI
【Android 1080円】https://goo.gl/gp6Ntq
【Windows 7以上 1200円】http://goo.gl/18BcnX
販売元:SmileBoom Co.Ltd.
(C)HIKARI Lab
*日本語版SPARXは,あくまで認知行動療法の考えを学ぶゲームです。うつやその他精神疾患の診断・治療はできません。

[画像9: https://prtimes.jp/i/19383/4/resize/d19383-4-226958-1.jpg ]

かずのこさん
20代男性引きこもり ブロガー コーヒーとゲームが好き
ブログURL:https://kazunoko.xyz/
SPARXまとめ記事:https://kazunoko.xyz/sparx-info/

【その他記事】
ニュージーランド発 国連・ユネスコ後援の賞を受賞!認知行動療法の考えに基づく本格RPGゲームアプリ「SPARX」遂に日本上陸! - http://goo.gl/4sRtmh
SPARX-テレビでお馴染みの矢幡先生も大絶賛!ネガティブな思考や自信のなさに悩まされている方にオススメのRPGアプリ - http://goo.gl/WVkBic

【SPARX・法人向けサービスに関するお問合せ先】
株式会社HIKARI Lab
電話:050-3634-3265
メールアドレス:info@hikarilab.co.jp
サイト:http://www.hikarilab.co.jp/
*本記事の画像はかずのこさんのサイトからいただいております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

リリース詳細:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000019383.html

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!