0

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、日立オートモティブ、矢崎総業

株式会社パテント・リザルト 2017年11月6日 12時00分
株式会社パテント・リザルトは2017年11月6日、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2017年11月6日、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

1位のデンソーの注目度の高い特許には、「車両の燃費を向上させるために冷却用導風板の構造を工夫した冷凍車用冷凍機ユニット」や、「地図データに記録されていない道路を移動した際、その軌跡を利用して新たな道路を地図データに登録する道路学習装置」などが挙げられます。

2位の日立オートモティブシステムズは、「内燃機関の気筒へ直接的に燃料を噴射する内燃機関の制御装置及び制御方法」や、「モータ駆動を応答良く開始させることが可能な3相ブラシレスモータの駆動装置」などが注目度の高い特許として挙げられます。

3位の矢崎総業の注目度の高い特許には「電気自動車やハイブリッド自動車用の電源装置において、芯線がアルミ材で形成されている電線の接続構造」や「高圧電線を備える自動車用高圧ワイヤハーネス及びこの製造方法」などが挙げられます。

上位10社の中で、前年から順位を上げた企業には、日立オートモティブシステムズ、矢崎総業、ROBERT BOSCH、KYBなどがあります。このうち、ROBERT BOSCHは「還元剤回収処理や排気浄化の効率の低下を防止し得る排気浄化システム」、KYBは「電磁力に応じて作動油の流量を制御するソレノイドバルブに関する技術」が注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「特許資産規模ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2017/11/automobileparts.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など

リリース詳細:http://www.dreamnews.jp/press/0000162986/

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!