0

中島みゆき「夜会」!チケット入手困難のプレミアムステージ!!13作品をチャンネル銀河で1年にわたり放送!

2017年11月10日 14時01分
初期4作品を12月にオンエア!

CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河 株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)では、来年2018年に中島みゆきの「夜会」がスタートして30年目を迎えることから、映像化作品13本を1年にわたって放送いたします。12月は、その第一弾として1990年から1993年までに行われた初期の4作品をオンエア。また、「夜会」の魅力に迫るオリジナル番組「”夜会”に惹かれるひとびと」も放送いたします。

特集サイト:https://www.ch-ginga.jp/feature/yakai/

[画像1: https://prtimes.jp/i/7290/64/resize/d7290-64-737445-0.jpg ]

1975年に「アザミ嬢のララバイ」でデビューして以来、数々の名曲を世に送り出してきた歌姫・中島みゆき。70年代、80年代、90年代、2000年代の4つの年代でシングルチャート1位に輝いた女性アーティストは中島みゆきただ一人である。彼女が作る楽曲、歌声は唯一無二で人々を魅了し続けている。今年は、倉本聰脚本の大ヒットドラマ「やすらぎの郷」の主題歌「慕情」をリリース。本人も同ドラマにカメオ出演するなど話題を集めた。
そんな彼女が、ライフワークとして独自の世界を表現するのが、”コンサートでもない、演劇でもない、ミュージカルでもない「言葉の実験劇場」”をコンセプトにスタートした「夜会」。彼女が脚本・作詞・作曲・歌・主演の5役を務める世界でも例のない舞台公演である。
その原点ともいえる初期の4作品を12月にチャンネル銀河で放送する。研ナオコに提供した「窓ガラス」や大ヒット曲「わかれうた」など、「夜会」バージョンだけで観られる中島みゆきの世界をご堪能あれ!

【放送日時】
「夜会1990」:12/3(日)夜7:00-夜9:00、12/27(水)夜9:00-夜10:45
夜会VOL.3 「KAN(邯鄲)TAN」:12/10(日)夜7:00-夜9:30、28日(木)夜9:00-夜11:15
夜会VOL.4 「金環蝕」:12/17(日)夜7:00-夜9:30、12/29(金)夜9:00-夜11:15
夜会VOL.5 「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に」:12/24(日)夜7:00-夜10:00、12/30(土)夜9:00-深夜0:00
[画像2: https://prtimes.jp/i/7290/64/resize/d7290-64-116560-2.jpg ]

「夜会1990」(C)1991 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc. 夜会VOL.3 「KAN(邯鄲)TAN」(C)1992 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc. 夜会VOL.4 「金環蝕」(C)1993 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc. 夜会VOL.5 「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に」(C)1994 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

【今後の放送予定】
2018年6月
夜会 VOL.6 「シャングリラ」
夜会 VOL.7 「2/2」
夜会 VOL.8 「問う女」
夜会 VOL.10 「海嘯」

2018年11月
夜会 VOL.13 「24時着 0時発」
夜会 VOL.14 「24時着 00時発」
夜会 VOL.16 「~夜物語~本家・今晩屋」
夜会 VOL.17 「2/2」
夜会 VOL.18 「橋の下のアルカディア」

「夜会」をより楽しめる関連特番を放送!
【作品情報】
“夜会”に惹かれるひとびと
「夜会」の魅力にはまる多くの著名人。彼らはなぜ虜になったのか。中島みゆきが「夜会」を通して伝えたいものは何なのか。傷ついた心が浄化されるとも表現する、「夜会」に惹かれる著名人の声を集めた。
制作:2017年/オリジナル
出演:クリス松村、中村 中、田家秀樹
放送情報:12/3(日)夜6:45-夜7:00ほか
[画像3: https://prtimes.jp/i/7290/64/resize/d7290-64-507238-1.jpg ]
<クリス松村>自他ともに認める音楽好きで、レコードやCD・DVDなど約2万枚以上を所有。音楽関連番組やラジオに多数出演。中島みゆきをはじめとするニューミュージックにも造詣が深い。
<中村 中>シンガーソングライター、作詞作曲家、舞台役者として活動。中島みゆき「夜会」には2014年 VOL.18「橋の下のアルカディア」に初出演を果たし、続く2016年VOL.19「橋の下のアルカディア」に出演。2017年「夜会工場VOL.2」にも出演。
<田家秀樹>日本のロック・ポップス界を創成期から見続けている音楽評論家・ノンフィクション作家。「夜会」公式サイトに文章を寄せるなど、30年以上にわたって中島みゆきを取材している。


チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
NHK大河「義経」、中国「王女未央-BIOU-」、韓国「奇皇后」、トルコ「オスマン帝国外伝」他、日本初の世界の歴史ドラマから「松本清張サスペンス」、「孤独のグルメ」等の国内ドラマやNHKの豪華歌謡番組まで、大人世代の番組が満載のドラマ・エンターテインメントチャンネル。J:COMなど全国のケーブルテレビや、スカパー!、IPTVを通じ、約544万世帯(2017年9月末現在)のお客様にご覧いただいています。
https://www.ch-ginga.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

リリース詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000007290.html

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!