0

日本初!「産学官」連携をめざすセキュリティプロジェクト~AIとブロックチェーン技術を用いた新たなサイバーセキュリティ~「Jupiterプロジェクト」 プレス向け事業構想説明会 イベント事後レポート

2018年4月17日 11時01分
日本初!「産学官」連携をめざすセキュリティプロジェクト
~AIとブロックチェーン技術を用いた新たなサイバーセキュリティ~
「Jupiterプロジェクト」 プレス向け事業構想説明会及び座談会
イベント事後レポート


 Jupiter Project事務局は、2018年4月12日(木)に、多数のメディアや関係者の方々をお招きし、「Jupiterプロジェクト」 プレス向け事業構想説明会及び座談会を実施いたしました。本説明会では、産学官の連携を目指す、AIとブロックチェーン技術を用いた新たなサイバーセキュリティプロジェクト「Jupiterプロジェクト」を発表しました。本レポートではそのイベントの様子をご報告いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/33472/1/resize/d33472-1-445994-2.jpg ]


◆事業構想説明/松田学(Jupiterプロジェクトリーダー)

本イベントの冒頭、Jupiterプロジェクトリーダーの松田学より、本プロジェクトの事業構想説明がありました。昨今、米中によるサイバー戦争に代表されるように、いかにサイバー空間での安全を確保するかが国家の課題となっています。さらに、産業革命や情報革命に続く、「第4の波」の到来が世間で叫ばれています。日本はそういった分野に遅れをとっており、今後いかに挽回するかが課題となっています。本プレゼンでは元財務官僚で、元衆院議員という松田氏のこれまでの経歴から、本プロジェクト実施に至った経緯、そして今後の展開が語られました。仮想通貨流出問題で、仮想通貨に関する信頼が薄れてしまいましたが、本プロジェクトのサイバーセキュリティの技術を活かし、セキュリティという安全を担保とした価値尺度を仮想通貨に創造し、本プロジェクトを前に進めていく方針が語られました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/33472/1/resize/d33472-1-877205-3.jpg ]


◆事業構想説明/伊藤秀俊(Jupiterエグゼクティブアドバイザー)

続いて、Jupiterエグゼクティブアドバイザーの伊藤秀俊より、プレゼンテーションを実施いたしました。本プレゼンでは、Jupiterプロジェクトを取り巻く環境、各国の暗号通貨を利用したビジネスプラットフォームについて語られました。中国は表向きではビットコインが禁止されていますが、国家的プロジェクトとして、あらゆる業種で仮想通貨やブロックチェーンの技術を応用したプラットフォームが作られ、ビジネスが進行しています。その他アメリカやオランダ、カナダといった国でも、国が発行する仮想通貨を利用したビジネスが進行しています、このままだと日本がこの分野で遅れをとってしまうのではという懸念が語られました。「仮想通貨はなくなるのでは。」という日本国内で語られる言葉に踊らされず、柔軟な発想で、日本の官民もAIとブロックチェーンを応用したプロジェクトに取り組んでいくべき、というメッセージが語られました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/33472/1/resize/d33472-1-977675-0.jpg ]


◆特別座談会「仮想通貨とそのセキュリティ上の問題点」

最後に、「仮想通貨とそのセキュリティ上の問題点」をテーマに、特別座談会が行われました。松田学/Jupiterプロジェクトリーダー伊藤秀俊/Jupiterエグゼクティブアドバイザーの他に、ブロックチェーン、仮想通貨の第一人者として、コインオタク伊藤氏、仮想通貨取引にて被害に遭われた「暗号女子」の嶋咲氏をゲストにお招きし、計4名で座談会が行われました。昨今世間を賑わせた「仮想通貨流出問題」で実際に被害に遭い、大きな金額を失った嶋咲氏に対し、松田学は、「仮想通貨に対する信頼が失われたが、本当に問題なのはそのセキュリティにあった。」と指摘。本プロジェクトの産学官連携に話が及ぶと、コインオタク伊藤氏は、「まだまだ世界的にも認知を得られていないこの分野でJupiterプロジェクトが前に進めば、日本の新しい武器になる。」とJupiterプロジェクトの未来に期待している様子でした。

[画像4: https://prtimes.jp/i/33472/1/resize/d33472-1-795963-1.jpg ]


◆イベント概要
日時  :2018年4月12日(木)14:00~
登壇者 :松田学/Jupiterプロジェクトリーダー、伊藤秀俊/Jupiterエグゼクティブアドバイザー
 コインオタク伊藤健次氏、「暗号女子」嶋咲葉氏
内容 :事業構想説明、特別座談会

◆ジュピターについて

昨今、企業や政府機関の情報漏えい問題が話題となっており、企業や政府機関はセキュリティに関して莫大なコストを支払っております。情報漏えいの90%近くがヒューマンエラーであり、Jupiterプロジェクトは、AIとブロックチェーンを融合した、あらゆる分野に於いて情報漏えいを防ぐ新しいプロジェクトです。Jupiter独自の技術や防御に対する独自の構想により、世界のあらゆる分野を安全に保持できる様にサポートします。

本プロジェクトは「産学官連携」のプロジェクトとして、推進してまいります。プロジェクトリーダーの松田学は元財務官僚で元衆院議員、現在は東京大学大学院客員教授というキャリアを活かし、産学官の協力によってサイバーセキュリティ問題解決に尽力してまいります。

【ジュピター概要】
公式サイト : http://jupiter-ico.com/
ホワイトペーパー : http://jupiter-ico.com/assets/files/[JP]20180407Jupiter.pdf
テレグラム : https://t.me/joinchat/H6kaNhKAQIEDN-go47OMdQ
ツイッター : https://twitter.com/JupiterToken

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

リリース詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000033472.html

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。

「日本初!「産学官」連携をめざすセキュリティプロジェクト~AIとブロックチェーン技術を用いた新たなサイバーセキュリティ~「Jupiterプロジェクト」 プレス向け事業構想説明会 イベント事後レポート」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!