今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「MONSTER×DRAGON」がゲーマー向けすぎて脳汁どばどば

2011年12月27日 11時00分 ライター情報:池谷勇人

戦闘では最大100人ものプレイヤーが入り乱れ、一斉にクリスタル鉱床に群がる。これだけの数のプレイヤーが、一斉にわーっ! と動く混沌っぷりを想像してみてほしい
(C)2011 SQUARE ENIX CO. LTD. All Rights Reserved.

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

スクウェア・エニックスの「MONSTER×DRAGON」が面白い。
通称「モンドラ」。ブラウザで遊べるシミュレーションゲームで、100人ものプレイヤーがカードバトルで一斉にぶつかり合う。ひ、100人!? カオスすぎるだろ! と思ってはじめてみたら、案の定予想をはるかに上回るカオスっぷりだった。100人がそれぞれ手に駒を持って、「せーの!」で一斉に指す将棋みたいな感じ。もう、カオスすぎてカオスすぎて何がなんだか。
ただ、紹介していいものかどうか、ちょっと迷うんだよなー。というのも、これ、いわゆる「カードガチャ」タイプのゲームなのだ。

ゲーム自体は無料。ただしバトルに使用するカード、これが有料。もちろん無料で引けるカードもあるけど、レアなカードはやっぱり有料の方が出やすい。お値段は1枚100円(300円3枚のセットと、600円6枚のセットがある)で、ムキになって引きまくると、月末にどばっと請求されて大変なことになる。
だけど困ったことに、面白いんだよこれが! だから実際に遊ぶかどうかは、レビューを読んだみなさんで決めてほしい。うっかりハマっても当方では一切責任は負いかねます! ……ってそんなゲーム紹介ねえよ、と思ったけどまあいいや。

舞台となる大陸には、赤、青、黒、緑の4つの国があって、戦闘ではこのいずれかに所属して戦う。狙うは大陸のあちこちに眠る、パワーの源「クリスタル」。1回試合は25分間で、最大で25人×4勢力、つまり100人が参加。途中で他勢力のヤツらとぶつかり合ったら、あらかじめ組んでおいたカードデッキで白黒をつける。最後に最も多くのクリスタルを持っていた国が勝利。

見た目は将棋っぽいけど、動かせる駒は自分ただひとつだけ。プレイヤーは指揮官ではなく「駒」そのものになって戦う。100人が100人、それぞれの意志で動いてるから、先がまったく読めない。うまく連携が決まって、孤立した敵をフルボッコ。気持ちいい。かと思うと、いつのまにか敵に囲まれてて自分がフルボッコ。超くやしい。やられると持っていたクリスタルを奪われ、本拠地まで戻される。ちくしょーまた前線まで行くのかよー、っていつの間にかムキになってる自分がいる。

自分の番が回ってくるのは30秒に1回。最初は「待ち時間がかったるいなー」と思ってたんだけど、慣れてくるにつれてそうでもなくなってきた。
他の99人が好き勝手動いてる中で、じゃあ自分はどう動くべきなのかを考える。

ライター情報

池谷勇人

ゲーム業界を中心に活動するフリーライター、でしたが、2012年にITmediaへ入社。現在はゆるふわニュースサイト「ねとらぼ」で記者をしております。

URL:Twitter:@tekken8810

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!